小山田壮平『THE TRAVELING LIFE』反骨精神と放浪性が瑞々しく漂う初のソロ作

2020.09.23

朗らかなムードの中に揺るぎない覚悟を感じさせる歌とトランペットやブルース・ハープによる純朴なアレンジが光る“HIGH WAY”をはじめ、シンガー・ソングライターらしい放浪性が味わい深く漂う、〈旅〉をテーマにした初のソロ・アルバム。ロックの反骨精神ももちろん健在で、静/動のエネルギーがどちらも瑞々しく伝わってくるのがいい。スライド・ギターの映える“ゆうちゃん”は世界観がとってもチャーミング。

関連アーティスト
TOWER DOORS