ローラ・ヴェイアーズ(Laura Veirs)『My Echo』エコーに頼らず枯れた雰囲気を醸したアメリカーナ

2020.10.29

ニーコ・ケースとKD・ラングとのプロジェクト、ケース/ラング/ヴェアーズでも有名な彼女の新作は、元夫で本作のプロデューサーも務めたタッカー・マーティンとの別れという彼女のプライヴェートをテーマにした作品。エコーを多く使用してサイケ気味だった前作とは違い、いい意味で枯れた雰囲気のシリアスなアメリカーナ。落ち着いたムードのなか、淡々と曲が進んでいく流れがたまらなく良いですね。

関連アーティスト