PR
インタビュー

DOS DEL FIDDLES『DOS DEL FIDDLES -LIVE-』コワモテなビジュアルと繊細なヴァイオリンの音色。クールでホットなデュオ始動!

コワモテなビジュアルと、美しく繊細な音色。クールでホットなデュオ始動!

 スペイン語で〈2本のフィドル〉という意味を持つDOS DEL FIDDLES(ドス・デル・フィドル)は、石田泰尚と﨑谷直人によるヴァイオリン・デュオ。神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターとして活躍するふたりは、一見クラシックの演奏家とは思えないコワモテなビジュアルと、美しく繊細な音色で緻密に構築された演奏との〈ギャップ萌え〉でファンを魅了している。このたび、デュオの始動公演となった2020年9月24日、東京・紀尾井ホールのライヴ録音がファースト・アルバムとしてリリースされる。

DOS DEL FIDDLES 『DOS DEL FIDDLES -LIVE-』 Columbia(2020)

 「オーケストラではコンマスが並んで演奏することは年に数回しかありませんが、隣で﨑谷ちゃんが弾いていると、とにかく楽しいんですよ。このデュオではクラシックだけでなくいろいろなテイストの曲を弾くので、オーケストラのときとは違う彼の姿を見ることができる。〈ああ、こんなにはじけるんだ。いいねえ!〉という感じで、僕も刺激になっています」(石田)

 「僕は普段はすごく慎重派で、本番でもレコーディングでも徹底的に作り込むタイプなので、その場のインスピレーションで音楽を創っていく石田さんとは真逆なんです。でも石田さんと演奏していると、〈次はきっとこうくるな〉と感じて自分の出方を変えたりして、とても勉強になります。そうやって引き出しを増やしていければいいなと」(﨑谷)

 「僕は一発勝負が好きなだけ(笑)」(石田)

 アルバムは、クライスラー“愛の喜び”、ブラームス“ハンガリー舞曲第5番”、ピアソラ“リベルタンゴ”など誰もが口ずさめる曲を中心に構成されているが、先入観に縛られないフレッシュな響きが印象的。ピアニストの山中惇史による編曲も素晴らしい。

 「最初なので、まずはクラシックの作品をイケてる演奏で、いい意味でラフに聴かせるのが大事かなと思って。軽すぎず、重すぎず、その塩梅を考えながら選曲しました。山中くんのアレンジは、2本のヴァイオリンの絶妙なメロディの入れ替わりなど絶妙ですが、とにかく難しいんですよ」(﨑谷)

 今後はジャズやロック、ポップスも演奏していきたいという。

「ふたりとも音色が特徴的で、石田さんは艶があって、やわらかくて、上質なシルクのような音。それに比べると僕はもう少し硬質で、張りがある音。そういったお互いの音色を活かした曲を演奏していきたいと思います。歌ものはやりたいですね。ドラムや弦楽合奏などを入れるのもありかなと」(﨑谷)

 「基本的にふたりがいればDOS DEL FIDDLESなので、カッコよければなんでも!」(石田)

 


LIVE INFORMATION

みなとみらいアフタヌーンコンサート2020後期
《DOS DEL FIDDLES》石田泰尚&﨑谷直人 デュオ・リサイタル

○2020年12月16日(水)13:30開演
【出演】石田泰尚/﨑谷直人(vn)山中惇史(p)
【曲目】モシュコフスキ:2つのヴァイオリンとピアノのための組曲/フォスター:金髪のジェニー/ピアソラ:リベルタンゴ ほか
【会場】横浜みなとみらいホール
columbia.jp/dos-del-fiddle/

関連アーティスト
TOWER DOORS