伊藤美来『Rhythmic Flavor』竹内アンナやCharaらが多彩なポップを提供し新たな魅力を引き出す

2021.01.20

竹内アンナ × 田保孝一 × UTA製の冒頭曲で聴かせるコケティッシュな歌唱から、彼女の新たな魅力が続々と飛び出す3作目。ハッピーな跳ね感がまさに佐藤純一(fhána) 印のブラス・ポップ、CharaとKai Takahasiが贈ったベッドルーム・ポップにファルセット混じりの艶めく歌声が溶ける“vivace”と聴きどころは多々あるが、高田みち子/水口浩次によるソフトなAORにみずから言葉を乗せた“いつかきっと”が殊のほか良い。