SawanoHiroyuki[nZk]『iv』澤野弘之がアイナ・ジ・エンドや岡崎体育と追求した立体的な歌もの

2021.03.03

西川貴教や岡野昭仁への楽曲提供を通じてますます存在感を強める澤野弘之が、自身の歌ものプロジェクトで届ける4作目は、Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)、Anly、ReoNaら先行楽曲の面々に加え、SUGIZOとの〈ガンダム〉楽曲繋がりでニアミスしていたアイナ・ジ・エンド、エモーショナルなハイトーンが澤野のドラマティックな作風と相性抜群な優里など、気鋭の若手ヴォーカリストを起用。サウンド面では、これまでよりもシンセや打ち込みのビートを多用することによりディープな質感を獲得しつつ、そこにハーモニーやダブル・ヴォイスによる立体的な歌声を合わせることで、独特のスケール感を持った音宇宙を作り上げている。岡崎体育を迎えた“膏”の問答無用のカッコ良さたるや。