Official髭男dism『Editorial』大衆性と音楽的探究心が異様に高い水準で共存する規格外の2作目

2021.08.30

前作で破格の成功を収めた彼らが、軽々と自己ベストを更新したメジャーからの2作目。ドメスティックな大衆性と音楽的探究心が異様に高い水準で共存する、そんな彼ららしさがますます加速している。今回もメロディーとヴォーカルの訴求力はズバ抜けている一方、打ち込みを交えたバンド・サウンドはひとつひとつの音の響きも含めてマニアックなほど緻密に作り込まれ、転調なども織り込んで予定調和を排している。前作同様にストリングスやブラスの導入も巧みで、ほぼ隙のない作りゆえに、ビーチ・ボーイズ風のアカペラ多重コーラスをチューン・ヴォイスで聴かせる表題曲や、mabanuaが編曲に参加したメロウ・ファンク“Bedroom Talk”の抜けが快い。またしても今年を代表する一作だ。

関連アーティスト