ノー・ローム(No Rome)『It’s All Smiles』シューゲイザーやインダストリアルなど異質な要素を束ねるポップセンス

2021.12.28

デフォルト・ジェンダーズ、チャーリーXCX、1975とのコラボも注目を集めたフィリピン出身のシンガー/プロデューサーによるファースト・アルバム。ドリーミーな雰囲気を醸すサウンドスケープにはシューゲイザーの因子が感じられる一方で、“Space-Cowboy”や“How Are You Feeling?”ではインダストリアル的なざらついた質感の音色が際立つなど、特定のスタイルに依拠しない姿勢が光る。強いて言えばグライムスの『Art Angels』を想起させる瞬間が多い内容だ。全体的にメロディーは親しみやすく、譜割りも一度聴けば耳に残るものばかり。この点は若くして高いソングライティング力を身につけている証左にもなる魅力と言える。

関連アーティスト