連載

タワーレコードスタッフが選ぶ2021年洋楽マイベストソング

【Pop Style Now】特別編

タワーレコードスタッフが選ぶ2021年洋楽マイベストソング

Mikiki編集部の田中と天野による週刊洋楽連載〈Pop Style Now〉。今回はその特別編として、毎年恒例、タワーレコードの洋楽好きスタッフが選ぶ個人的な年間ベストソングをご紹介します。好みのジャンルも店舗や部署もバラバラな15人が、選曲とコメントをしてくれました。タワレコの〈中の人〉は今年、どんな洋楽を聴いていたのでしょうか? *天野

★2021年末特別企画の記事一覧はこちら

 

寺浦 黎(広報部)
ASTRO 아스트로 “After Midnight”

10月にラジオで高橋芳朗さんがK-Popディスコ特集をしていて、番組を聞いてから晩秋まで毎日聴いていました。ラジオから流れてくる曲って、何故あんなにも印象深く耳に残るんでしょう……。晴れやかな秋空にぴったりで、マスコミ対応の現場へと向かっている緊張の電車時間に元気をもらった1曲です(笑)。世界的に注目を集めはじめたASTROに、2022年も大期待します!

 

TANAKAHMANN(新宿店)
Diana Ross “Thank You”

引き続き大変だった2021年。ともすればネガティブな空気感に支配されそうな世界情勢、分断の危機に瀕する社会に暮らす私たちに向け、御年77歳を迎えたミューズが歌う“Thank You”。おそらくは60年におよぶ彼女のキャリアを支えてくれた感謝の言葉、だけではない深い想いが込められたこの曲を今年の一曲に挙げたい。シンプルで普遍的なメッセージ、それゆえに女神が歌えばそこには愛の息吹が福音となって人々の心に届けられる。まさにラブ・イズ・ザ・メッセージ! アルバムのメインプロデューサーでもあるトロイ・ミラーが手掛けたミッドテンポなブギートラックも最高にラグジュアリーで、この多幸感に満ちた一曲はマンキューソ亡き後のLoftクラシックス認定と言い切りたい。たった3分半でこの美しい世界が終わってしまうのが切なすぎるので、ダニー・クリヴィットあたりのイカしたロングエディットを激しくキボンヌ。

 

村越辰哉(新宿店)
Judith Hill “Baby, I’m Hollywood!”

マイケル・ジャクソンの映画「This Is It」の名場面のひとつである“I Just Can’t Stop Loving You”のデュエットで登場した女性シンガーがこの人! プリンスの寵愛も受けてソロデビューし、本作は2021年発売のアルバム『Baby, I’m Hollywood!』のタイトル曲。サザンソウルのジャンプナンバー基調でサウンドにはほどよくロック味あり。歌唱はアレサ・フランクリンを思わせるパンチの効かせ方で、本人によるギターソロはレニー・クラヴィッツ~プリンス的なファンキーさ!

 

小峰隆由貴(デジタル事業推進プロジェクト)
Hope Tala “Tiptoeing”

ここ数年注目しているホープ・タラが、年も終わりに近づく10月にドロップしたこの曲が私の2021年を颯爽と持っていきました。ボサノバをベースとしたソフィスティケイテッドサウンドに、しっかりとビートを刻むドラム、そしてタラちゃんのソフトな声と、いつものホープ・タラなわけですが、この曲はこれまでで最も切な度が高く、遠くを見つめながら〈私、もう一人で生きていくわ〉と呟く女性が増えるに違いない一曲。実際の歌詞はというと、好きになってはいけない人を好きになってしまって、ここから一線を越えても必ず終わりが来ると分かっているのに、この気持ちは止まらないから慎重に進めるの。という不倫がテーマと思しき曲ですが、MVがやたら楽しそうなのは気にしないことにします。

 

中上雅夫(新宿店)
Albertine Sarges “Free Today”

ドイツ、ベルリンを拠点とするアーティスト。2021年のデビューアルバムからのメイン曲です。ジャケがキモいから、あんま話題になっていないのかな、とも思いますが、注目のアーティストであるといえます。曲の歌詞としてはフェミニスト理論、バイセクシュアリティー、ジェンダーステレオタイプ、うつ病、精神的健康についての考察を取り入れていて、この曲もフェミニスト理論をテーマにしていますが、曲調がポップで高揚感があって最高なんですよね。ほんとうに2021年の個人的テーマソングと言ってもいいくらい、もっとも聴いた曲でした。