タニヤ・スティーヴンズ(Tanya Stephens)『Some Kinda Madness』2000年代に人気を博したレゲエシンガーがブレない姿勢を示す久々の新作

TANYA STEPHENS 『Some Kinda Madness』 TadsVP (2022)
2022.10.31

2000年代に多くのヒットを生んだジャマイカの人気シンガーが、恐らく『Guilty』(2014年)以来となる久々のニュー・アルバムを発表。アコースティックでシンプルな“Be Who We Be”で始まって、セデラ・マーリーとダイアナ・キングを迎えて重いテーマをしっかり語る“Diamonds In The Sun”など姿勢にブレはなし。パトラとの女王コラボで年齢にも堂々と言及した“Fifty”が90年代テイストのダンスホールでいい感じだ。

関連アーティスト