ディープ・パープルが72年に発表した歴史的傑作『Machine Head』のスーパーデラックスエディションの日本盤が、2024年4月24日(水)にリリースされることが決定した。

68年のデビューから現在に至るまで、その輝かしい活動を通して音楽史そのものに多大なる影響を与え続ける、英国が誇るハードロックバンド、ディープ・パープル。彼らは、ハードロックにおけるベートーヴェンの交響曲第5番“運命”とも呼ばれる名曲“Smoke On The Water”で、ロックンロールという音楽が登場して以来最高の出来と称されるギターリフをこの世に解き放った。

この歴史的ともいうべき楽曲を収録した72年発表のアルバム『Machine Head』は、音楽史に素晴らしい金字塔を打ち立て、世界中の数えきれないほど多くのバンドにインスピレーションを与え続けている。

そんな本作の膨大な遺産(=レガシー)に敬意を表し讃えるべく、この歴史的作品に新たなミックスや未発表ライブ音源などを追加収録した『Machine Head (Super Deluxe Edition)』の輸入盤が3月29日にリリースされるのだが、今回、同作の日本盤(輸入盤国内仕様)が4月24日に発売されることが決定。

3枚のCDと1枚のアナログ盤、そしてBlu-rayからなるこのスーパーデラックスエディションの日本盤には、本体ブックレットに掲載されている詳細な英文ライナーノーツやドゥイージル・ザッパによるライナーノーツなどの完全翻訳に加えて、アルバム収録曲の歌詞や対訳などを掲載した別冊ブックレットが同梱される。

このコレクションにおいて特筆すべきハイライトは、ドゥイージル・ザッパによる新たなステレオミックスやドルビーアトモスミックスを含むアルバム『Machine Head』のさまざまなバージョンが収録されている点。ドゥイージル・ザッパによるリミックスのクオリティは、現在公開されている“Smoke On The Water”の2024リミックスステレオバージョンを聴けば一目瞭然だろう。

ほかにも、74年当時のクアドラフォニックミックス(4chミックス)音源や最新リマスター音源などが収録されており、このコレクションにさらなる深みと豊かさを加えている。

さらに、本作には素晴らしく魅力的な2つのライブ音源も。1つ目は、72年3月9日にロンドンにあるパリス・シアターでレコーディングされたパフォーマンスで、『Machine Head』のツアー中のディープ・パープルの無双ともいうべきステージでの存在感をとらえた音源だ。

一方、2つ目は71年4月にスイスのモントルー・カジノで行なわれた彼らのパフォーマンスをレコーディングした未発表ライブ音源。彼らは同年12月に同じ場所でアルバム『Machine Head』をレコーディングする予定だったのだが、レコーディングセッション開始直前に会場が全焼、別の場所でのレコーディングを余儀なくされてしまう。このレマン湖畔での出来事は、楽曲“Smoke On The Water”で不朽の物語として後世に語り継がれることとなった。

このモントルーでの未発表ライブ音源は、ファンにとってはたまらない本作のハイライトとなることは間違いないだろう。オーディエンス録音によるこの貴重な音源では、69年発表のアルバム『Concert For Group And Orchestra』収録の“Child In Time”や70年発表のアルバム『Deep Purple In Rock』収録の“Speed King”、71年発表のアルバム『Fireball』収録の“Strange Kind Of Woman”といった、『Machine Head』以前の作品で発表していた楽曲を聴くことができる。

72年の発表後、全英アルバムチャートをはじめヨーロッパ各国で首位を獲得、全米でもトップ10ヒットを記録し、ここ日本でもアルバムチャート6位を記録するなど世界的に大ヒットを記録した歴史的傑作『Machine Head』。今回リリースされるスーパーデラックスエディションに収録されている新たなドルビーアトモスミックス音源と2024年版ミックス音源は、いまやクラシックともいうべきこの名盤に新鮮な没入体験をもたらしてくれるだろう。

オリジナルテープを使用してこの新たなミックスを手掛けたドゥイージル・ザッパは、今作に掲載されているライナーノーツのなかで「これは、〈どうやってこんなことを思いついたんだ?〉と思うようなレコードの一つだ。ギターやキーボードにはクラシックの影響が見られるけど、同時にブルースの要素もあるし、ちょっとしたファンキーさもある。そして、史上最高のキラー・ヴォイスを持つシンガーがいる。コマーシャルで一般的な音楽とは聞えないような形でこれら全ての要素が一つの作品として組み合わされているにも関わらず、人々を興奮させる素晴らしい作品になっている。このレシピは、魅力的すぎるほどさ」と語っている。

なお、本作は完全生産限定盤となるため、ご予約はお早めに。

 


RELEASE INFORMATION

DEEP PURPLE 『Machine Head (Super Deluxe Edition)』 Rhino/ワーナー(2024)

リリース日:2023年4月24日(水)
品番:WPZR-30990
価格:16,500円(税込)
完全生産限定盤
3CD+1LP+Blu-rayの5枚組仕様
日本盤のみ詳細な英文ライナーノーツの完全翻訳を掲載した別冊ブックレット付

TRACKLIST
CD 1: マシン・ヘッド
〈ドゥイージル・ザッパ 2024リミックス〉
1. ハイウェイ・スター *
2. メイビー・アイム・ア・レオ *
3. ピクチャー・オブ・ホーム *
4. ネヴァー・ビフォア *
5. スモーク・オン・ザ・ウォーター *
6. レイジー *
7. スペース・トラッキン *
8. ブラインド・マン(Bサイド曲)*

〈2024リマスター〉
9. ハイウェイ・スター
10. メイビー・アイム・ア・レオ
11. ピクチャー・オブ・ホーム
12. ネヴァー・ビフォア
13. スモーク・オン・ザ・ウォーター
14. レイジー
15. スペース・トラッキン

CD 2: イン・コンサート ’72
1. イントロダクション
2. ハイウェイ・スター
3. ストレンジ・ウーマン
4. メイビー・アイム・ア・レオ
5. スモーク・オン・ザ・ウォーター
6. ネヴァー・ビフォア
7. レイジー
8. スペース・トラッキン
9. ルシール
10. メイビー・アイム・ア・レオ(サウンドチェック)

CD 3: モントルー ’71
1. スイス・ヨーデル *
02. スピード・キング *
03. ストレンジ・ウーマン *
04. イントゥ・ザ・ファイア *
05. チャイルド・イン・タイム *
06. 黒くぬれ! *
07. リング・ザット・ネック *
08. ブラック・ナイト *
09. ルシール *

LP: ドゥイージル・ザッパ 2024リミックス
Side One
1. ハイウェイ・スター
2. メイビー・アイム・ア・レオ
3. ピクチャー・オブ・ホーム
4. ネヴァー・ビフォア

Side Two
1. スモーク・オン・ザ・ウォーター
2. レイジー
3. ブラインド・マン
4. スペース・トラッキン

Blu-ray
〈ドゥイージル・ザッパ 2024アトモス・リミックス〉
1. ハイウェイ・スター *
2. メイビー・アイム・ア・レオ *
3. ピクチャー・オブ・ホーム *
4. ネヴァー・ビフォア *
5. スモーク・オン・ザ・ウォーター *
6. レイジー *
7. スペース・トラッキン *
8. ブラインド・マン *

〈1974 アメリカ・クアド・ミックス〉
9. ハイウェイ・スター
10. メイビー・アイム・ア・レオ
11. ピクチャー・オブ・ホーム
12. ネヴァー・ビフォア
13. スモーク・オン・ザ・ウォーター
14. レイジー
15. スペース・トラッキン

〈ドルビー 5.1 サラウンド・サウンド・ミックス〉
16. ブラインド・マン
17. メイビー・アイム・ア・レオ
18. レイジー

* 未発表音源

 

■関連リンク
オフィシャルサイト:https://deeppurple.com/
Facebook:https://www.facebook.com/officialdeeppurple
Instagram:https://www.instagram.com/deeppurple_official/
X:https://twitter.com/_DeepPurple
YouTube:https://www.youtube.com/@DeepPurpleOfficial
WMJサイト:https://wmg.jp/deep-purple/