コラム

【ろっくおん!】第24回(3) 連絡ノート

部室に置かれたキャンパス・ノートを覗き見しちゃいましょう! 何やらおもしろそうなリイシュー盤が紹介されていますよ!!

 ようやく後輩ができたのは嬉しいけど、それにしてもアクの強いヤツらだよな。まあ、ビシバシ鍛えてやるとすっか!

 

LED ZEPPELIN Led Zeppelin II: Deluxe Edition Atlantic/ワーナー(2014)

 さて、この連絡ノートでは最近のお気に入り盤を紹介するっつうことで、まずはレッド・ツェッペリンだろ! 初期3作が最新リマスタリング仕様かつレア音源を加えた2枚組でリイシューってだけで大事件! とりわけ69年にオリジナルがリリースされた『Led Zeppelin II: Deluxe Edition』には、驚きの完全未発表曲“La La”や“Whole Lotta Love”の初期ヴァージョンが収録されていて、胸いっぱいのゼップ愛に満たされたぜ!

 

 

DEEP PURPLE Made In Japan: Deluxe Edition Warner Bros./ワーナー(2014)

 で、ゼップを買ったならディープ・パープルも買わなきゃ男じゃねえ!っつうわけで、72年の歴史的ライヴ盤を拡張した『Made In Japan: Deluxe Edition』も入手。最新リマスターに加え、当時のアンコール曲だけをまとめたボーナス・ディスク付きの2枚組というヴォリュームなんで、しばらくは麗しのハード・ロック三昧だな!

 

 

ROXY MUSIC Showing Out Easy Action(2014)

 続いてはロキシー・ミュージックの未発表ライヴ・アルバム『Showing Out』だ。79年作『Manifesto』リリース後のツアーっつうことで、ブライアン・フェリーの洒脱なダンディズムを軸とする、後期の洗練されたパフォーマンスに胸アツ!

【参考動画】ロキシー・ミュージックの74年作『Country Life』収録曲 “Out Of The Blue”

 

 

STEPHEN DAVID HEITKOTTER Black Orckid Now Again/BBQ(1971)

 最後に紹介するのは、71年にデモ盤として25枚しかプレスされなかったらしい激オブスキュアガレージ・サイケ盤、ステファン・デヴィッド・ヘイトコッターによる『Black Orckid』。すべてにおいて調子っぱずれのブルージーな演奏と、酔いどれの呟きみたいなヴォーカル──言うなれば〈70年代のジョン・スペンサーG・ラヴか〉ってな趣で、ヘタウマを超越したカッコ良さじゃんか! それにしても、ナウ・アゲインを主宰者するイーゴンのオタクっぷりには毎度驚かされるね! 騙されたと思ってみんなも聴いてくれ!