高橋芳朗presents「タワレコ洋楽月報」ブログ

放送後記:2015年8月17日 ヴィンテージ・トラブルがアコースティック・セットの貴重ライヴ披露! メンバー推薦盤も紹介

放送後記:2015年8月17日 ヴィンテージ・トラブルがアコースティック・セットの貴重ライヴ披露! メンバー推薦盤も紹介

 あと半歩、洋楽に近づきたい貴方に送る360°洋楽エンターテイメント番組『タワレコ渋谷洋楽第二企画室』。進行役を務める音楽ジャーナリストの高橋芳朗です。渋谷店地下一階のイベントスペース〈CUTUP STUDIO〉からお届けした今回の放送は、贅沢にも6月のロバート・グラスパーに引き続いての海外からのお客様、ヴィンテージ・トラブル御一行をゲストにお迎えいたしました!

 すでに幾度となく来日を果たしている彼らですが、今回はジャズの老舗ブルーノートからのメジャー・デビュー・アルバム『1 Hopeful Rd.』完成直後の日本上陸、しかもここでは本邦初公開となるアコースティック・セットのライヴを体験できるとあって、会場はオープン早々から筋金入りの〈トラブルメイカー〉(=熱狂的なヴィンテージ・トラブル・ファンの総称)たちのエネルギーでものすごい熱気に満たされていました!

 

 肝心のパフォーマンスはいわゆるアコースティック・セットのイメージを大きく裏切るワイルドかつアグレッシヴな演奏で、これはぶっちゃけエレクトリック・セットと比較してもなんら遜色ないど迫力! まだ日本に到着して数時間という悪条件もなんのその、ライヴ・パフォーマンスによって評価を高めてきたバンドの底力をこれでもかと見せつけてくれました!

 ライヴ前に行われたインタビュー・コーナーでも抜群のノリの良さで会場を沸かしてくれたヴィンテージ・トラブルの皆さん、メンバーひとりずつ推薦盤も選んでもらったのでファンの方々はぜひお買い物のご参考に(下記のリスト参照)。いやー、それにしても粋な人たちだったなー。

 

 そんなわけでゲスト攻勢の続く〈渋2〉、次回8月31日(月)の放送ではなんと! 7月に初の日比谷野音公演を成功させたばかりのSANAOKIさんが初登場! パンク・レジェンド=クラッシュの魅力についてたっぷりと語っていただくほか、りちゃこさんの飲み友達とのことなのでそのへんも掘り下げられたらと思います! お楽しみに!

※次回の放送予定など、〈渋2〉の詳細はタワレボにてチェック! 

 

 

VINTAGE TROUBLE 1 Hopeful Rd. Blue Note/ユニバーサル(2015)

 

お知らせ)
タワーレコード渋谷店5階に、番組で紹介したCDが試聴できる特設ラックを設置しています! お店にお立ち寄りの際はぜひチェックしてみてください!

 

 

また、番組へのご意見ご要望、リクエストや取り上げてほしいテーマなどを随時募集中です! 番組のツイッターアカウントをフォローしてハッシュタグ【#タワレボ】【#渋2】をつけてツイートしてください! よろしくお願いします!

■ 番組ツイッターURL:https://twitter.com/yogaku_shibu2
■TowerRevolveProject(タワレボ)URL:http://www.towerrevo.jp/

 


 

8月17日放送分プレイリスト 

*アコースティック・ミニライヴ・セットリスト
01. Doin' What You Were Doin'
02. Angel City, California
03. Another Man's Words
04. Run Like The River
05. Strike Your Light  

*メンバー推薦盤
タイ・テイラー
Lianne La Havas 『Blood』

TOWER RECORDS ONLINE

 

ナル・コルト
Melody Gardot 『Currency of Man』

TOWER RECORDS ONLINE

 

リチャード・ダニエルソン
Booker T. & The MG's 『Green Onions』

TOWER RECORDS ONLINE

 

リック・バリオ・ディル
Amy Winehouse 『Back To Black』

TOWER RECORDS ONLINE

【プロフィール】
高橋 芳朗

高橋 芳朗

元タワーレコード渋谷店スタッフにして元bounce編集部員な音楽ジャーナリスト/ラジオパーソナリティー。東京都港区出身。詳しくはTwitter @ysak0406 にて。タワレボ〈高橋芳朗presents タワレコ洋楽月報〉の紹介を中心にあれこれと。