インタビュー

ヒップホップでロックを更新していくデュオ、NAHAVANDが新たなフェイズへ! 後藤正文も助力したフル作『最強のふたり』の全国盤とこれから

「ドラムで首が振れないと、ラップもギターもいい感じに聴こえない」

ヒップホップでロックを更新していくデュオ、NAHAVANDが新たなフェイズへ! 後藤正文も助力したフル作『最強のふたり』の全国盤とこれから

〈ヒップホップでロックを更新していく〉と形容されるスタイルで注目を集めてきたMIYAUCHI(ヴォーカル)とTOKISATO(ギター)による関西発のデュオ、NAHAVAND。昨年10月に自主盤として発表された彼らのファースト・アルバム『最強のふたり(Two Of Strongest)』が、全曲にリアレンジとリマスタリングを施しアートワークも新たな全国盤として登場した。

NAHAVAND 最強のふたり Pヴァイン(2015)

ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文がヴォーカルとギターのレコーディング・エンジニアを担当したことや、同業者はもちろんレーベルやメディアを含む音楽シーン/業界に対するディスから極プライヴェートなトピックまで〈NAHAVANDが何を考えているか〉を赤裸々に明かすリリックにより、自主盤の時点で話題となっていた『最強のふたり』。これまではライヴ会場やグループのオフィシャルサイトなど限られた場所でしか入手できなかったが、その制約を取り払い、全国流通をスタートさせ た理由をMIYAUCHIはこう説明する。

「自主盤リリースからの半年間で、渡るべき人の手に渡りきった実感があったことがひとつ。それと僕はすべてを自分でコントロールしないと気が済まないタチなんですが、友達に〈自分の作品を信じているならひとり歩きさせたほうがいい〉と言われて。そのタイミングでPヴァインに声をかけてもらったって感じですね」

後藤のスタジオであるCold Brainで行われた本作の録音は、彼らにとってかなり思い出深い作業だったらしく「この作品は俺らとゴッチさんの3人のものだと思ってたから、Pヴァインと契約する前にゴッチさんに電話したんですよ。そしたら〈おめでとう、売れろよ〉とだけ言ってくれて」とも述べている。

全国盤の音源はヒップホップ的なアプローチで重低音が強化されており、MIYAUCHIはブログで〈最初は乗り気じゃなかったがやっていくうちにまた違う一面が見えてきた〉と言及。自分たちのスタイルをより効果的に届けるための道筋を見出したようだ。

「正直、リズムはどうでもいいと思ってたんですよ。でもドラムで首が振れないと、ラップもギターもいい感じに聴こえないことに気づいて」

TOKISATOはOlive Oilの作品を買いこんでビートを研究し、2人で一緒に彼のDJも見に行ったこともあったという。

「めちゃくちゃ動きの速いボクサーみたいな音の出し方っていう印象で。張り付いたようなハットの音とか、ピーク振り切ったようなキックの音とか、レベルが高すぎて全然参考にはならなかったんですけど。リズムに関してはまだまだなんで、俺ら自身、伸びしろを楽しんでます。これからもっと良くなるって」

ジム・モリソンカート・コバーンジミ・ヘンドリックスら27歳で他界したロック・ミュージシャンの名を挙げつつ、これからもロック・キッズであり、恋人に泣かれても音楽を続けていくことを宣言する“27 Club”をはじめ、トラックの突破力が増強された『最強のふたり』の収録曲は、〈NAHAVANDが考えていること〉をよりダイレクトに伝えてくる。

「心境や考え方が変わったとしても、以前の自分の発言を気にして新しいものを書けなくなるとか、自分が体験したことのない出来事をリリックにするとか、そういったことはしたくないんです。このアルバムを日記のようだねって言ってくれた人がいて、本当にそうなんですよ。何年か後に読み返して恥ずかしくなるかもしれないけど、あらゆる瞬間のパッケージだと思ってるから。ライヴでよく演奏する“Why Always You Are”のリリックでは〈金は他で稼ぐからオーライ/かといって特にあてはない〉って言ってて、一方で『最強のふたり』に入ってる“nahavanDISm”では〈金は他で稼ぐからオーライ/そんな気持ち俺にはもう無い〉って歌ってたり。取り巻く状況や環境が変わっても、自分の思っていることとか、自分自身を常に認めてやる気持ちを大事にしていきたいです」

いまはセカンド・アルバムのことしか頭になく、「業界のことについてしゃべると下品な言葉使いになってしまうので、セカンド・アルバムで上品に歌わせてもらいます」という彼らは、『最強のふたり』のリリース・パーティーを9月27日(日)に恵比寿KATAで開催。アルバムを締めくくる楽曲のタイトルを冠するこのイヴェント〈Community〉には、NAHAVANDが「俺らより格好良い数少ないバンド」と賛辞を贈るNOWEARMANKlan Aileenが出演。DJとして、NAHAVANDのMVを手掛けてきた加藤マニも参加する。新たなステージに進んだ〈最強のふたり〉がどのようなパフォーマンスを披露するのか、いまから楽しみでならない。

 


〈NAHAVAND 『最強のふたり』リリース・パーティー「Community」〉
日時/会場:2015年9月27日(日) 恵比寿KATA
開場/開演:18:00/18:30
チケット代: 前売 2,000円/当日 2,500円
ライヴ出演:NAHAVAND/NOWEARMAN/Klan Aileen
DJ:加藤マニ
チケット予約:twoofrecords@gmail.com
(名前/必要枚数を記載のうえ連絡)

関連アーティスト
TOWER DOORS