コラム

CQ『NAUTILUS ~恋する潜水艦~』 深海から宇宙へ飛び出す待望のソロ作が完成!

CQ
深海から宇宙へ飛び出す待望のソロ作が完成!

CQ NAUTILUS ~恋する潜水艦~ Bad News(2019)

 『これがブッダブランド!』でBUDDHA BRANDの秘宝が開陳されたのも記憶に新しいなか、無敵の三本マイクの一角を担うCQがいよいよ初のソロ・アルバム『NAUTILUS ~恋する潜水艦~』を投下した。BUDDHAやキエるマキュウで長らく特異な存在感を放ってきた彼だが、今作はジャケにCAPTAIN MUTA & NAUTILUS ONE(=CQ)とある通り、JUSWANNAの活動やBUDDHAの公式ミックスで知られるMUTAが全曲をプロデュースしており、デザイナーのDIRTY MEZAも含むユニット=NAUTILUSとしての作品とも言えるだろう。

 PRIMALやO2、CHIYORI、MEGA-Gらも駆けつけた収録曲の多くはもともと2012年に始まったCQ×MUTAのミックスCDシリーズ5枚に挿入されていたもので、“Cold Fish”など数曲はMUTAのソロ作『SPLASH』(2014年)でも披露されていた。録音時期はかなり遡れる曲もあるわけだが、ドス黒く深いサンプリング・ビートにまみれて怪しいパンチラインを発する主役の魅力がタイムレスであることも逆によくわかるだろう。なお、この機会にD.Lの2011年作『OOPARTS(LOST 10 YEARS ブッダの遺産)』が復刻。BUDDHA MAFIAの展開も含む今後の展開も楽しみだ。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop