ディスクガイド

【ZOKKON -candy floss pop suite-】第29回(3) 今月のZOKKONディスク1・2・3・4・5!!

スマイレージからまでpaletまで、おすすめのアイドルを一挙紹介

念願の武道館公演も決まった6人の、衣装も話題の両A面シングル。“ミステリーナイト!”はクリーン・バンディット系というか、クラシック×ダンスの流行に呼応した物悲しいアレンジが夜遊びの愁いにハマる佳曲。“エイティーン エモーション”はピョコピョコ落ち着きがなくて良し!

 

  

若手女優やティーン誌モデルが集まった5人組が初の全国流通シングルをリリース。agehaspringsが音楽監修にクレジットされていて、表題曲のアレンジは9nine元気ロケッツらを手掛けたIntegral Clover。ジャケもろとも初期SCANDALのような雰囲気がかっこいい佳曲です。

 

 

昭和歌謡がテーマのニュー・シングル。とはいえ“トキノカケラ”のような情念系じゃなく、ガールズ・グループ〜HDH系のカラフルな60sリズムで、“チョコミントフレーバータイム”の中島靖雄によるイイ仕事です。年末に控える久々のワンマンにも期待大ですが、その前には……。

 

 

I'S9 お願い、ギュッとして ITR/ソーホーズインク(2014)

タグ アイドル

演技やダンスに取り組む福岡のエンタメ集団、I'Sから派生した選抜ユニットのサード・シングル。引き続き作編曲が桑原大輔、作詞がmocaという布陣で、エモい転調を備えたギター主導の刹那系ナンバーを聴かせてくれます。Type-Aのカップリング“宣戦布告。”がつたなくも爽快。

 

 

昨秋のメジャー・デビュー・シングル“Believe in Yourself”を大ヒットさせた6人の次なる一手。阿久津健太郎伊秩弘将佐久間誠といったブレーンはそのままに、今回も無垢で前向きな春爛漫のポップ・ナンバーを世に問います。カップリングも含めて平和な感じがいいですね。

TOWER DOORS