ディスクガイド

FRUITPOCHETTEやCROSS VEIN、Raglaiaら、女性ヴォーカルがリードするフレッシュなラウド・アクトたち

【特集:日本の重音 2015】Pt.5

LOUDER JAPAN
[ 特集 ]日本の重音 2015

不敵に刻まれるリフ、野獣の如き咆哮、急転直下のブレイクダウン、地鳴りのようなツーバス……滾らずにはいられない要素が満載の重音マップ、2015年度版!

 


 

女性ヴォーカルがリードするフレッシュなラウド・アクトはここにも!

FRUITPOCHETTE The Crest Of Evil MAD MAGAZINE/DUKE(2015)

アイドルの枠を越えたラウド・ユニット、通称〈フルポシェ〉。ザクザクのリフを用いたメタル色濃厚なサウンドは、オーセンティックな香りを放つ。そして注目は、歌心を備えたメンバー2人の掛け合い/ハーモニーの美しさだろう。今年はなんと〈LOUD PARK〉のオープニング・アクトにも抜擢! *荒金

 

 

PassCode Now I Know  we-B studios(2015)

シャウトもガッツリこなす大阪発の5人組アイドル・グループ。EDM×スクリーモを基盤としつつ、とにかく電波ソングも真っ青の目まぐるしすぎる展開が特性で、この最新シングルもリヴァーブ過多の鍵盤とトランシーなシンセがリードするカラフルな冒頭から、えげつないブレイクダウン⇒ツーバスの嵐と凄まじい内容! *土田

 

 

CROSS VEIN ROYAL ETERNITY ビクター(2015)

コア・ファンを唸らせるメロスピシンフォニック・メタルを、王侯貴族をモチーフにしたバンド・コンセプトで見せる5人組。聴けば瞬く間に中世の古城や戦場といった光景が広がっていく壮大なサウンドを、〈メタルは淑女の嗜み〉と話す紅一点ヴォーカル、Juliaのハイトーン・ヴォイスがより勇猛なものに。 *山口

 

 

Raglaia Promises Across(2015)

今年CDデビューしたばかりの男女混合の4人組。sadsのギタリスト=K-A-Zを中心に、Aldiousの初代ヴォーカルであるRAMIを歌姫に迎えている。彼らの武器は、90年代のヘヴィー・ロックを継承したメタリックなサウンド。この2枚目のシングルでも、超絶ハイトーンの麗しい歌声と、鮮やかなコントラストを描いている。 *荒金

 

 

SALTY DOG YGGDRASiL ANTHEM Windstar Works(2015)

ノルウェー人であるバンド内唯一の女性ヴォーカル、INGERを含む4人組。重厚なスクリーモとキラキラしたエレクトロニクスを掛け合わせ、そこにパワフルで表現力豊かな歌声が乗る。フロアを暴れさせるだけではなく、物語性の高いドラマティックな曲調がオリジナリティーと言えるだろう。 *荒金

 

 

激情★めたりっちぇ あっぷぐれーど(仮) キング(2015)

今年5月にメジャー・デビューしたガールズ・トリオ。ラウドな曲調にメタル・テイストの泣きのギター・ソロも挿入したアプローチと、バンドのコンセプトである〈ギャップ萌え〉を象徴するキュートなヴォーカルとの対比がおもしろい。ヘヴィーだが、しっかりとキャッチーなメロディーも聴きどころだ。 *荒金

 

※【特集:日本の重音 2015】の記事一覧はこちら

TOWER DOORS