ディスクガイド

シーンの隆盛担ったFACTやCrossfaith、新鋭のヒステリックパニックにLast Day Dreamなど、百花繚乱のラウド盤ガイド(1)

【特集:日本の重音 2015】Pt.6

LOUDER JAPAN
[ 特集 ]日本の重音 2015

不敵に刻まれるリフ、野獣の如き咆哮、急転直下のブレイクダウン、地鳴りのようなツーバス……滾らずにはいられない要素が満載の重音マップ、2015年度版!

 


 

DISC GUIDE
フレッシュな面々から立て続けて世界進出の話題が届いたりと、今年も、そして今夏も百花繚乱のラウド・シーン。不敵に刻まれるリフ、野獣の如き咆哮、急転直下のブレイクダウン、地鳴りのようなツーバス……と、滾らずにはいられない要素はさまざまあるが、さらには、その鳴りも組み合わせ方も多種多様。そこで今回は、初めての作品を送り出したばかりのニューカマーからシーンの中核を担いつつあるアクトまで、2015年にリリースされた、あるいは併せて聴いてみてほしい近年の作品たちを紹介。 *bounce編集部

FACT KTHEAT maximum10(2015)

アンセミックなメロディー、予想を裏切る大胆な曲構成、ラウド・サウンドに電子音楽を盛り込み、最終的にはトリプル・ギター編成に辿り着いた音楽的探究心――。マッシヴなハードコアに振り切った本作のリリース直前に発表された年内解散の報に涙した人も多いと思うが、シーンの隆盛を担った彼らの遺伝子は、多くのフォロワーに受け継がれていくことだろう。 *山口

 

 

Crossfaith XENO LUSTFORLIVES/ARIOLA JAPAN(2015)

筋肉質なグルーヴと激情のシャウトで世界を揺らす5人組。ベアトゥースカレブ・ショモがフィーチャーされた“Ghost In The Mirror”などがすでに公開されているが、他にもベンジー・ウェッブスキンドレッド)といったワールドワイドなゲストを迎えた新作は、コンセプトとして掲げられた〈未知との遭遇〉というワードも伊達ではない、豪快にもほどがあるメタルコアが期待できそう。その全貌が明かされるのはもうすぐ! *土田

 

 

UNDEAD CORPORATION Flash Back 一撃レコード(2015)

男女ツイン・ヴォーカル率いる5人組。妖艶な歌メロとスクリームの対比をフックに、グルーヴ・メタル~メタルコアを軸にした重心の低い演奏でジワジワと攻め立てる。同期はアクセント程度に止まり、基本はダイナミズムに満ちた野性味溢れる演奏で真っ向勝負している。 *荒金

 

 

ヒステリックパニック オトナとオモチャ BLACK SHEEP(2015)

モッシュ、2ステップ、ウォール・オブ・デスなど、フロアをグチャグチャにするカオスまみれのライヴも評判で、いま注目すべきバンドのひとつが名古屋発のこの5人組。とりわけ極悪のグロウル/スクリームと頭のてっぺんから声を出すような高音ヴォイスの掛け合いが魅力的で、一度聴いたら忘れられない。演奏はメタルやエモからチャート系のポップスまでを丸呑みし、目まぐるしい曲展開で聴く者を引き込んでいく。チャラさを逆手に取り、キャッチーな訴求力を持つヘヴィネスは唯一無二。このメジャーからのファースト・アルバムは、粒揃いの楽曲がひしめく傑作だ。 *荒金

 

 

Survive Said The Prophet Course Of Action 30 lines(2015)

サバプロ〉の愛称で親しまれている5人組。ユーズドを彷彿とさせるスクリーモや、ジミー・イート・ワールドに通じるエモさを併せ持ち、メロディーを大事にしたラウドな音像が特徴的。激しい曲調から壮大なバラードまで揃え、哀愁漂うヴォーカルの歌唱は、群を抜くカッコ良さ。 *荒金

 

 

a crowd of rebellion Daphne ワーナー(2015)

新潟出身であることから、みずからの音楽を〈コシヒカリーモ〉と銘打った彼らが、今年3月にメジャーへ進出。女声と間違えるほどのハイトーン・ヴォイスと、聴き手の鼓膜を蹂躙する獰猛なスクリームのツイン・ヴォーカルを活かし、曲展開多めで迫る“BLACK ANTHEM”など狂騒的なトラックはより熾烈に、ハチロクのリズムと激エモなサビメロが胸を熱くする“Iris no hana”ではよりメランコリックにと、ギリシャ神話に登場する〈ダフネ〉をタイトルに掲げたこの新EPでは、両極の美点が際立った印象。また、クワイア風のコーラスを多く導入しており、表題曲はバンド史上もっともドラマティックで壮大。ネクストを期待させる一枚だ。 *山口

 

 

lynch. EVOKE キング(2015)

lynch. ETERNITY キング(2015)

昨年結成10周年を迎え、今年3月には『10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST』を発表。そして8~10月でシングル2枚とフル・アルバム1枚を3か月連続でリリースと、とにかく歩み……というか激走を止めない彼ら。ハードコア~ニュー・メタルなヘヴィネスと妖艶な歌謡性という両軸を持つ5人だが、本特集としては“EVOKE”に収録の表題曲と“DOZE”、“ETERNITY”からは“ALIEN TUNE”を薦めたい。極限の速さと重さで獰猛な牙を剥き、不敵に聴き手をあしらうこの3曲では、脳内を音で蹂躙される快感が堪能できる。本当に異常なほどの格好良さ! *土田

 

 

ANOTHER STORY THE COMPANY INTACT(2015)

断末魔のようなスクリームや、荘厳で重厚なサウンドなど、〈闇〉や〈狂気〉といったワードが頭に浮かぶメタルコア/スクリーモを展開。それでいて、叙情性たっぷりのミディアムからは、彼らが結成時に掲げた〈世界に通用する本物のバンド〉が持つような〈光〉をしっかりと感じさせてくれる。 *山口

 

 

Last Day Dream My Tragic Phantom Last Day Dream(2015)

2013年春に結成したばかりながら、ブラック・ダリア・マーダーら海外勢とも共演済みの、大阪発の6人組。5曲入りの初の全国流通盤は、鍵盤と弦楽器を従えた表題曲からいわゆるメタル&ハードコア要素てんこ盛りの細切れ展開で、あまりの情報量の多さに圧倒される。全編シャウトとデス・ヴォイスで通すヴォーカルとトリプル・ギターの重厚なアンサンブルも新人とは思えない貫禄で、冷徹さと危険な色気を漂わせた音世界は、V系好きにもヒットしそう。 *土田

 

※【特集:日本の重音 2015】の記事一覧はこちら

TOWER DOORS