ルーク・ヴァイバート、新作はモ・ワックス時代思わせるブレイクビーツ使い軸に遊び心/実験精神あるカット&ペーストが新鮮な一枚

2015.11.20

彼流のアシッド解釈が炸裂した昨年の『Ridmik』に続き、早くも新作が届きました。今回はかつてのモ・ワックス時代を思い起こさせるブレイクビーツ使いを軸に、遊び心と実験精神の詰まったカット&ペーストで懐かしさと共にフレッシュネスも感じさせてくれる一枚に。ロウ・ビートやジャングル、ハウスなど目まぐるしく変わるビートの躁状態で、ある意味彼が辿ってきたキャリアを集大成するかのよう。アガります!

関連アーティスト
TOWER DOORS