工藤静香 『ベストヒット15』 

2014.04.25

おニャン子クラブからシンガーとして大成した筆頭。ヤンキー成分をカジュアルに押し出してアイドル不遇の時代を悠々と乗り越えたが、その奏功も後藤次利の水っぽい楽曲に力負けしない歌の鋭さがあってこそ。秋元康松井五郎中島みゆきのイメージが強いものの、フリもキャッチーな代表曲“嵐の素顔”(89年)の鮮烈な詞は三浦徳子によるものだ。 

 【参考動画】工藤静香 “禁断のテレパシー” ライヴ映像

TOWER DOORS