INTERVIEW

田中れいな率いるLoVendoЯ、4人の成長を楽曲に昇華して自身の世界さらに広げた新シングル『宝物/イツワリ』を語る

【特集:ガールズ・バンドの2016年】Pt.2

GIRLS BAND BANG!
【特集】ガールズ・バンドの2016年
ブーム到来!と言われて久しいガールズ・バンド。トレンド予想のゆくえはともかく、リリースは間違いなく急増中!ってことで、2016年もバンド・オン・ザ・ランでございます!!

★Pt.1 ЯeaL“秒速エモーション”のインタヴューはこちら
★Pt.3 ディスクガイド〈いま注目すべきガールズ・バンドを紹介!〉はこちら

 


LoVendoЯ
4人の成長を楽曲に昇華し、新境地を拓いたニュー・シングル!

 

 田中れいなが率いるツイン・ヴォーカル/ツイン・ギター編成のバンド、LoVendoЯが、両A面のニュー・シングル『宝物/イツワリ』をリリース。メタリックなナンバーから歌謡性の高いポップ・チューン、バラードなど幅広い楽曲を披露してきた彼女たちだが、“宝物”はこれまでとタイプの違う、大切な仲間への感謝の気持ちを綴った、温かいメロディーのミディアム・ナンバー。シングルでは初めて田中れいなが作詞を手掛け、作曲はギターの魚住有希が担当。バンドとして、LoVendoЯの世界をさらに広げる一曲となっている。

LoVendoЯ 宝物/イツワリ zetima(2016)

 

初めてのアプローチ

 「去年の夏くらいからすごく友達が増えて、その子たちが、れいなの誕生日にサプライズでお祝いをしてくれたんですよ。れいなは、小さい頃から芸能の世界にいたから、ずっと自分しか信じちゃダメだって生きてきたんです(笑)。でも、その時に初めて、友達っていいなと思えて、泣くほど嬉しかったんです。この気持ちを歌で返したいと思ってたところに、ねえさん(魚住)からこの曲のデモがきたんです。歌いたいイメージとピッタリで、自分の思いそのままに歌詞を書きました」(田中)。

 「いままで書いたことのない曲調で、かなりの挑戦でした。LoVendoЯに入っていろいろ経験したからこそ書けた曲だと思います」(魚住)。

 「田中さんの歌詞にすごく共感しましたね。初披露した時は、ヴォーカル2人で泣きながら歌ったんです(笑)。それくらい感情がすごく入る曲です」(岡田万里奈、ヴォーカル)。

 「初めての曲調だったし、ギターのアプローチの仕方をすごく考えました。歌詞が大好きで、ライヴでは一緒に口ずさんじゃうんですよ」(宮澤茉凜、ギター)。

 “宝物”は、歌詞を書きはじめたのは「最近のこと」だという田中の思いがシンプルかつストレートに伝わり、とてもフレンドリーな聴き心地を与えてくれる。

 「歌詞はブログ感覚で書いてるところはありますね。最初は、自分のソロ・イヴェントで歌うために歌詞を書いていて、そこからLoVendoЯのライヴ用にも書きはじめたんです。そのなかのひとつが、カップリングに入ってる“YELL~あなたに贈る~”で。でも正直、シングルの表題曲となると責任重大じゃないですか。〈れいなにできるんかいな?〉と思ってたんですけど、“宝物”をスタッフさんもいいと言ってくれたので、自信になりました」(田中)。

 一転して“イツワリ”は、強気な女性の〈偽りの恋〉を歌ったソリッドなロック・チューン。こちらも田中が作詞している。

 「“宝物”とは真逆な内容にしたくて、純愛じゃなく、大人な関係、うわべだけの関係の歌にしました。遊びだけの関係だったはずの相手に、もしかして好きなのかな、いや違うって、女の子の気持ちが揺れ動いてる歌なんです。歌ってて、演技してる感じがして楽しいです」(田中)。

 「アイドルをやってた田中さんが組んだバンドだから、どこまで恋愛の話に触れていいのかとか、4人でもずっと話してたんですよ。でも、田中さんがこの曲を書いたことで、いままでダメだった領域にちょっと踏み出せたかなって(笑)」(岡田)。

 「ギター的な視点からいうと、2人ともすごく難しいことしてるんです。そのぶん、すごく弾き甲斐がありますね」(宮澤)。

 「茉凜が言うように、弾き応えがありすぎて大変なんです。いつもと違う、小さめのピックを使わないと弾けなくて。でもやってて楽しいですね」(魚住)。

 

4人が合わさって出てくるもの

 さて、LoVendoЯは2012年11月の結成から約3年間活動し、いまでは完全にバンド然とした佇まいを誇っている。対バン・イヴェントにも多く出演しているが、他の女性バンドから刺激を受けることも増えてきたのではないだろうか。

 「れいなは、あまり意識してなくて、〈LoVendoЯはLoVendoЯだし〉って気持ちが強いんです。でも、衣装はすごいなって思ったりしますね。Aldiousさんとか、衣装目立つなって。LoVendoЯは普段着みたいな衣装が多いので、れいながプロデュースするならこういうふうにするのになって思ったり。なので去年の〈有線大賞〉ではドレスアップして出ました」(田中)。

 「女の子バンドが増えてるのはいいことだなって。大きなイヴェントをやったり、一緒にシーンを盛り上げていけたらって考えてます」(宮澤)。

 「私は、対バンで好きになったバンドはチェックします。もともと大好きで対バンしたこともある、Draft Kingのヴォーカルのericaちゃんは同い年だし話したりします。あと、CyntiaSAKIちゃんとは仲が良くて、一緒にご飯に行っていろんな話をします。他のバンドの活動を知ると刺激をもらえますね」(岡田)。

 「私は、女性ギタリストの方をチェックしてます。最近だと柴咲コウさんのバックで弾いてた弓木英梨乃さんって方が気になりますね。いろんな方のサポートもしていくのが個人的な目標なので、自分もLoVendoЯで活躍して、しっかりと戦えるようにがんばらなきゃと思ってます」(魚住)。

 では、そのように勢いづくシーンのなかでサヴァイヴしていくための、LoVendoЯにしかない武器とは何なのだろう。

 「LoVendoЯの武器は、ジャンルに縛られてないところです。ダンスもするし、バラードも、激しい曲もあるし、それが新しいと思うんです。あと、れいなは元モーニング娘。っていうのを隠したくないし、それを出していけばいいと思ってるんです。かけ離れたキャリアの4人が合わさって出てくるものを武器にして、ずっとやっていけたらと思いますね」(田中)。

 「女性のツイン・ヴォーカルってあまりいないと思うんです。ツイン・ギターだし、歌もギターもハモってるっていう形態の珍しさから、興味を持ってもらえるかなと思います」(岡田)。

 「4人が全然キャラが被ってないんですよ。MCでも個々の色が出るんです。音楽だけじゃなく、そういうところも含めて、ライヴで楽しんでもらいたいですね」(宮澤)。

 「バンドのライヴって動きがないことも多いと思うんです。お客さんもいろんな楽しみ方ができると思うから、田中さんたちのダンスは私たちの武器だと思いますね。ギター的には、〈ギタリストっぽいこと〉をしっかりやっているので、楽器をやってる人が見たら楽しめると思うし。いろんな楽しみ方が見つけられるバンドだと思いますね」(魚住)。

2015年のライヴ映像

 

40周年 プレイリスト
pagetop