中堅ブルース・シンガー/ギタリスト、トロンゾ・キャノンの新作はジミヘン的ロックの影響やソウルフルな要素窺えるエレクトリック・ブルース

2016.04.25

90年代よりシカゴで活動する中堅ブルース・シンガー/ギタリスト。このアルバムはデルマークからアリゲーターに移籍しての通算4作目にあたる。基本はBB・キングの系譜に連なるエレクトリック・ブルースではあるが、ジミ・ヘンドリックスなどのロックな影響もチラホラ感じさせたりするのが特徴的だ。全編にソウルフルな要素もあって、時折見せるファンキーなリズムのハネ感覚が素晴らしい。ノレます。

※試聴はこちら

2013年のパフォーマンス映像
関連アーティスト
TOWER DOORS