2014.06.05

南米変態テクノ部門を代表する人気者、初の公式ミックスCD。ジャケットが意味不明だな~と思ったら、フィリピンサイケハード・ロック・ギタリストだというウォーリー・ゴンザレスのセカンド・アルバムへのオマージュだそう。辺境は辺境を好むのか……そのウォーリー曲のレボレド・エディットは最初と最後に入っていて、とにかくそこだけでもレボレド節は全開。そして自身の新曲やパチャンガ・ボーイズのトラックも織り交ぜつつ、スペイシー&サイケな独自の世界観を演出している。特にウォルフガング・フォイトとレボレドのトラックが溶解していくあたりは、アヴァンギャルドvs.辺境テクノの様相を呈していて、ゾクゾクするハイライトに。欧米モノに慣れた耳で聴くとショッキングなミックスだ。

関連アーティスト