COLUMN

Aldious 『We Are』 シングルのはずがアルバムに――今のアルディアスの〈幅〉や〈可能性〉を感じさせる一枚

Aldious 『We Are』 シングルのはずがアルバムに――今のアルディアスの〈幅〉や〈可能性〉を感じさせる一枚

全国ツアー中のアルディアス、2017年2枚目となるアルバムを緊急リリース!

 最新LIVE DVDもオリコン週間ランキングで5位とヘヴィメタル系ガールズバンドとしては異例のセールスを続け、今年5月にリリースされたアルバム『Unlimited Diffusion(以下UD)』もヒット中のアルディアスが、2017年2枚目となるニューアルバムを緊急リリースする。

 

 『We Are』と名づけられた、この新作にはイントロを含む、全9曲が収録されている。アルバムは全国ツアーとフェスの合間を縫って、この夏にレコーディングされ、レコーディングの後半はライブとの同時進行となり、過酷な状況が続いたという。年内2枚目となる今作の制作にあたり、前作に収録された楽曲に近い構成~雰囲気の楽曲はあえて外され、『UD』とあわせて聴いても新鮮さが感じられる楽曲がピックアップされレコーディングされた。メンバー5名全員の楽曲が収録されており、全員が作曲出来るというアルディアスの強みが生かされている。

 リーダーのYoshiはイメージ通りのハードな楽曲を2曲提供。タイトル曲“We Are”はこれまでのアルディアスのハードなイメージに意外性のあるサビが加えられた、新たなアルディアスの魅力を伝える1曲となっている。ライブでの盛り上がりが容易に想像できるサビのコーラスにはメンバー全員が参加している。

 ボーカルのRe:NOはギターのトキとのデュエットによるアコースティックチューンを提供し、印象的なギターソロをプレイしている。他3名のメンバーの楽曲も新たなアルディアスの魅力を伝える強力な楽曲になっている。

 「今回のアルバムはこれまで以上に激しかったり、聴かせるタイプのギターソロもあるので、そこもぜひ聞いて欲しいです」というトキのコメント通り、楽曲だけでなく、アレンジ、ソロなども前作と変化をつけた新たなアルディアスの一面を見せている。

 当初、シングルとして制作のはずが、制作の過程で膨らみを見せ、アルバムになってしまったという経緯通り、今のアルディアスの〈幅〉や〈可能性〉を感じさせる一枚となっている。是非、今年リリースされた『UD』とあわせて、聴いてみて欲しい。そして、全国ツアーでスキルを上げ、ライブバンドとしての評判も高い彼女達のライブパフォーマンスも見逃せない。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop