PR
インタビュー

Aldious『Evoke II 2010-2020』バンドの過去と未来を詰め込んだリレコーディング・ベスト第2弾を語る

Aldious『Evoke II 2010-2020』バンドの過去と未来を詰め込んだリレコーディング・ベスト第2弾を語る

デビュー10周年の情熱はまだまだ激しく燃え盛る! R!Nの歌声でフレッシュに生まれ変わった『Evoke II 2010-2020』はバンドの向かう未来を確かに告げる!

名曲ばっかりやな

 Aldiousがデビュー10周年となる2020年。新加入したR!N(ヴォーカル)の歌唱による再録音ベスト『Evoke 2010-2020』を3月にリリースしたのを皮切りに、本来ならば〈完★全★体〉Aldiousによる快進撃がスタートする予定だったが、コロナ禍の影響で4月からの全国ツアーも延期。しかしメンバーたちは歩みを止めることなく〈じゃあ、何かできることやろ!〉とリモート用の機材を導入し、自宅でメンバーとのリハやレコーディングを行っている。9月に開始したbayfmの番組「アルティメット鋼鉄女子ナイト!」も各々自宅から出演するというICT女子っぷりで、このインタヴューもGoogle Meetで行われたものだ。先述の『Evoke 2010-2020』は初期の人気曲から書き下ろしの最新曲までAldiousのヒストリーをギュッと凝縮したような作品だったが、早くもその第2弾『Evoke II 2010-2020』がリリースされる。

Aldious 『Evoke II 2010-2020』 Radiant A/Village Again(2020)

 「R!Nちゃんが加入してから興味を持ってくれた方もたくさんいると思うんですけど、新しくなったAldiousの音色も楽しんでもらいたいと思います。歌に関しては〈以前のヴァージョンに囚われずに自由に歌ってね〉って伝えたんですけど、結果R!Nちゃんのカラーがすごく出ていて、聴き応えのある一枚になったと思います。自画自賛ですけど、今回の2枚を録って聴いて、改めて〈Aldiousってめっちゃ名曲ばっかりやな〉って思ったんですよね」(トキ、ギター)。

 選曲はメンバーそれぞれが希望を出して決めていったという。ファースト・アルバム『Deep Exceed』(10年)収録の“Luft”や5作目『Radiant A』(15年) 収録の“Re:fire”など激しいナンバーは彼女たちのライブの真骨頂だが、ここ8年くらいライヴでは演奏していないという隠れた名曲“Confusion”(11年のシングル“Mermaid”に収録)が収録されているのも昔からのファンには嬉しいポイントだろう。

 「実は私が加入する前、お客さんとしてライブハウスでAldiousを聴いた時にいちばん衝撃を受けたのが“Luft”だったんですね。それで『Evoke』にこの曲を入れたかったなって心残りがちょっとあったんですけど、その心残りがなくなりました。サビ部分でR!Nちゃんが素敵なコーラスを考えて重ねてくれて、よりパワーアップして素敵な曲になってるので、ぜひ聴いていただきたいと思ってます」(サワ、ベース)。

 「“Confusion”はシングルのカップリングなので知名度は低いと思うんですけど、ライブではバコーン!って盛り上がる〈暴れ曲〉なんですよ。しばらくライブでもやってなかったし、寝かせておくのはもったいないってずっと思っていて。いまはライブやフェスにみんな足を運べてないと思うんですけど、そんな中でも熱く血の煮えたぎるような気持ちになってほしいなと思ってこの曲を推しました。ライブができるようになった暁には、めちゃくちゃ暴れ倒したいなと思ってます」(トキ)。

関連アーティスト
TOWER DOORS