フレデリック 『フレデリズム2』 語感やリズムの気持ち良さ以上に、曲に潜む人間ドラマの深みといったら

2019.03.20

煽情的にならず、じわじわとアゲていくダンス・ビートが心地良い冒頭の“LIGHT”から大きな変化を印象付けるセカンド・アルバム。“エンドレスメーデー”のギター・サウンドとか“対価”のシンセの音色とか、絶妙に淡くてネオンサインが似合うイメージ。語感やリズムの気持ち良さ以上に、曲に潜む人間ドラマが深みを増していて好きです。“かなしいうれしい”も、アルバムの流れで聴くとサビの切ないメロディーにより耳がいく。

関連アーティスト