TOWER DOORSブログ

The ManRayにTOWER DOORSから6つの質問――ハードボイルドで研ぎ澄まされたロックを奏でる3ピース・バンド

The ManRayにTOWER DOORSから6つの質問――ハードボイルドで研ぎ澄まされたロックを奏でる3ピース・バンド

TOWER DOORSブログがお送りしている企画〈6つの質問〉。ここでは注目の新人アーティストの実像にメール・インタヴューから迫ります。

これまで、東京を拠点に活動するインディー・ロック・バンドのThe Boring Tapesや、英イースト・ロンドンを拠点に活動する5人組のNorth Americaなど、国内外問わずニューカマーを紹介。

毎回投げかける〈6つの質問〉は同じですが、もちろんアーティストによってそれぞれの回答が異なっているので、比較して読むとそのアーティストの個性がよりはっきりとわかるのではないでしょうか。まさに十人十色。この機会に、ぜひ過去の記事もチェックしてみてください(〈6つの質問〉記事一覧はこちら)。

もちろんTOWER DOORSが日々更新しているYouTubeチャンネルも、ぜひ訪れてください。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回登場してもらうのは、2014年に都内で結成された3ピース・ロック・バンドのThe ManRayです。アサト タクロウ(ヴォーカル/ギター)、コガ コウ(ベース)、オオキ リョウスケ(ドラムス)からなる彼ら。UKのインディー・ロックやパンク、ガレージ・ロックを起点としながら、そこにブルースやソウルなどのブラック・ミュージックを混ぜ合わせた独自の音楽性が魅力です。ファーストEP『You will be mine』(2017年)のリード・トラック“Brown Sugar”がSpotifyの国内ヴァイラル・チャートで2位を獲得するなど、注目を集めてきました。

2019年3月からは6か月連続でシングルのリリースを行い、TOWER DOORSもそのなかの一曲“砂上のバカンス”をご紹介しました。そして、満を持して9月11日にファースト・アルバム『Naked』をリリース。英語詞の曲を歌っていたバンドにとって、日本語詞に挑戦した新境地の作品でもあるとか。

そんなThe ManRayへの〈6つの質問〉に参りましょう。

 

1. 出身地と音楽活動を始めたきっかけ(バンドであれば結成のいきさつ)について教えてください。

「2014年、大学での友達だったアサト、コガ、モーリス、テンシロウ、リュウジらを中心に5人組バンドとして結成。

3人(モーリス、テンシロウ、リュウジ)はそれぞれの進むべき道を話し合い色々とあって去年脱退。そこにリョウスケが2018年の夏に加入して現在のスリーピース体制に」

2. 現在の音楽性に影響を与えたと思うアーティストや楽曲は?

「The Beatles/The Rolling Stones/The Velvet Underground/The Kinks/The Doors/The Clash/The Jam /Red Hot Chili Peppers/Nirvana/Sublime/BECK/The Strokes/The Libertines etc…」

3. 今回TOWER DOORSで紹介した曲はどんなふうに生まれた曲で、どんなことを表現していますか?

“Naked”

「アルバムのタイトルトラックでもある”Naked”はドラムのリズムとベースラインから作った楽曲。

タイトルと曲の内容はショーン・ペンの『Into the Wild』という映画からインスパイアされてて、北上する列車に乗って、心を雪のように白く清めたいって歌。楽器のフレーズでは、ベースのスラップを初めて使っていてコウのファンキーラインが聴きどころ。

最後にがっつりソロがあるのでそこもチェケ! 後は映画もチェケ!」(アサト タクロウ)

4. 交流のあるアーティストでいま注目しているのは?

「The ManRayの元メンバー(Gt.担当)でもある竹川天志郎のソロ・プロジェクト〈ボーボー〉

これまた元メンバーでもある大城リュウジ(Dr.担当)や、ミツメのnakayaanがサポートをしていて、3月にリリースされたデビュー作もかなりイイ感じの作品に仕上がっているのでおススメ!! それぞれやりたい事にまっすぐ突き進んでるなって感じで刺激にもなる音楽が詰まっているよ」(コガ コウ)

5. TOWER DOORSは新しい音楽との出会いを提供することをコンセプトとするメディアですが、あなたが最近出会った新しい音楽は?

「最近出会ったアーティストだと、ブライアン カルバートソンというスムーズジャズ、フュージョン系のピアニスト。

ピアニストの曲を聴く事は少ないけど、バックハンドの演奏もグルーヴィー且つ激しいところが聴き入ってしまう。

3月に10年ぶり?の日本でのライヴで、ビルボードでのライヴも見ましたが圧巻のパフォーマンスでした」(オオキ リョウスケ)

6. ライヴやリリースといった今後の活動や、やってみたいことなど、これからの展望について教えてください。

「9月11日にバンド初となるフルアルバム『Naked』をリリースしました!

9月28日(土)には表参道WALL&WALLにてリリースパーティーもやるし、その後はリリースツアーとして色んな場所に行く予定なのでよろしくね!!」

 

最後の質問でも答えていましたが、『Naked』のリリース・パーティーが今月末に開催されます。The ManRayの土臭くも研ぎ澄まされたロック・サウンドは、ぜひ生でその迫力を体感してほしいです。お観逃しなく!

 


LIVE INFORMATION
The ManRay 1st.Album『Naked』Release Party​
2019年9月28日(土)東京・表参道 WALL & WALL
開場/開演:18:00
出演:The ManRay/Drive Boy
前売り/当日:2,000円/3,000円(いずれもドリンク代別)
https://t.livepocket.jp/e/the_manray_naked_release_party

【プロフィール】
TOWER DOORSスタッフ

TOWER DOORSスタッフ

HIGH QUALITY CURATION MEDIA〈TOWER DOORS〉スタッフ。タワーレコードが厳選した新人アーティストの楽曲が聴ける、ラジオ型YouTubeチャンネルを運営し、日々新しい音楽を紹介しています。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop