ディーゴ 『Too Much』 ソロ名義では4年ぶり、多彩な要素をブロークンなビーツで生成したグルーヴが心地良い

2019.10.01

ソロ名義では4年ぶりとなるニュー・アルバムが自身主宰の2000ブラックからリリース。名義やリリース元は変われど、90年代から一貫してきたジャズ、ソウル、ファンク、ブギー、フュージョンに根差す音楽性はここでも健在で、多彩な要素をブロークンなビーツで生成したグルーヴが何とも心地良い。そんなディーゴならではの妙技が光る、深いサウンドでありながらも聴きやすいという間口の広さも魅力だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS