OPUS OF THE YEAR 2015

[特集]2015年の100枚+
ゆく年くる年。ゆく音くる音。ゆきゆきて音楽——2015年もいい作品は山ほどあった!という毎度の感慨と共に素敵な新年を迎えたいものです。でも、まだ安心し……ないでください、ここで紹介する作品を聴かずして、新しい年はやって来ないですよ!

★Pt.1 【ディスクガイド】bounceの選ぶ2015年の100枚 1⇒25
★Pt.2 【ディスクガイド】bounceの選ぶ2015年の100枚 26⇒50
★Pt.3 【ディスクガイド】bounceの選ぶ2015年の100枚 51⇒75
★Pt.4 【ディスクガイド】bounceの選ぶ2015年の100枚 76⇒100
★Pt.5 改めて、2015年ってどうだった? bounce編集部スタッフによる座談会
★Pt.6 結婚、脱退、再結成、解散、訃報……2015年の音楽ニュース総まとめ!
★Pt.7 座談会からこぼれた2015年のトピックをより詳細に解説!
★Pt.8 リサイクル、リイシュー、コラボ、遺作などカテゴリー別に重要作を紹介!

 


 

ONE HUNDRED PLUS ONE
ライター陣の選ぶ2015年の〈+1枚〉

 

青木正之

GIRL BAND Holding Hands With Jamie Rough Trade/HOSTESS(2015)

2014年に話題を集めたポスト・パンク・バンドのイーガルスオート。その系譜に連なる男子4人組、ガール・バンドが放った初作は2015年で一番のインパクトでした。ミニマルな展開、狂気を孕んだヴォーカル、神経質なギター・ノイズがひと塊になって迫る緊張感は、ズバ抜けて凄かった! (アルバムには未収録ですが)ブラワンハード・テクノをカヴァーするあたりのセンスはこの作品にも活かされていて、粗削りながらも聴くほどに増していく中毒性はまるでテクノのよう。

 

 

荒金良介

CLUTCH Psychic Warfare Weathermaker(2015)

前作『Earth Rocker』も素晴らしかったが、このアルバムも期待を裏切らない最高の出来映えだった。ブルース、ハード・ロック、ストーナー的な要素を持つ男臭いサウンドで、聴けばアドレナリン噴出のカッコ良さ。2015年を振り返ると、BABYMETALのワールド・ツアー(メキシコ、カナダ、ドイツ、フランス、スイス、イタリア)を目撃し、世界を相手に渡り合う彼女たちの勇姿、現地の反響の凄さにただただ驚いた。

 

 

池田謙司

SATOSHI TOMIIE New Day Saw/Pヴァイン(2015)

これは正直、度肝を抜かれた一枚。過去の成功で得た名声や音楽スタイルはひとまず置いといて、華麗なる進化をまざまざと見せつけてくれた。超一流の者のみが持ち得る視点、極上の質感はまさしくバリバリのアスリートです。例えるなら、いまの野茂がメジャーでノーヒットノーランをやっちゃうくらい凄いことだ……と、わけがわからないことを考えてしまうくらいの衝撃でした。この地点まで到達できるアーティストは現行シーンでも数名くらいでは!?

 

 

池谷昌之

DEGO The More Things Stay The Same 2000 Black/BBQ(2015)

〈チンパンジーの反応するリズムは個体によって違うことがわかった〉という話をニュースで知り、なるほど、同じ霊長類のヒトもそれぞれハマるリズムがDNAに組み込まれているのかな、と妙に納得させられまして。ブロークンビーツのシンコペーションに出会ってから15年以上、ずっとヤラれっぱなしの自分もチンパンかと思いました。そんなわけで、ディーゴ先生にはずっとこのリズムの上で、ソウルフル&コズミックな音を奏でてもらいたいです。

 

 

一ノ木裕之

DAO BANDON Kon Kee Lang Kwai (Man On A Water Buffalo): Essential Dao Bandon Soi48/em(2015)

普段書いているフィールドとは縁もゆかりもありませんが、リスナーとしてこれを推したい。曲名はおろかアーティスト名すら解読できずに、ほぼジャケのイイ顔頼りでタイの音楽を聴いてきたような俺のなまくらぶりをシバく、em入魂のタイ・リイシュー・シリーズだ(最新作のパイリン・ポーンピブーンは未聴なため、この編集盤を選びました)。〈よそ者のエキゾティシズム〉とか言われようとも、やっぱりここでしか聴けない音楽が鳴っていると思うわけです、ハイ。

※試聴はこちら

 

 

稲村智行

N.W.A. Straight Outta Compton ユニバーサルミュージック(2015)

NWAの自伝的映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」がようやくの日本公開。運良く封切り前に観ることができ、これがまたウワサ以上の傑作で男泣き。そんなタイミングに嬉しすぎるSHM-CD仕様でこの88年作が日本盤化! エネルギッシュなサウンドに歯に衣着せぬラップ——当時夢中になったサウンドから力をもらうようにリピートしている。そして、ケンドリック・ラマーのグラミー11部門ノミネートという報が。2015年はコンプトンが熱かった。

 

 

上野功平

LOU DOILLON Lay Low Universal France(2015)

女性シンガー・ソングライターものが豊作の1年でしたが、本作での不器用で剥き出しな歌声にはとりわけ心が震えました。アーツ&クラフツ所属のテイラー・カークに熱烈なラヴコールを送ったそうで、レナード・コーエンニック・ケイヴにも迫る渋い音世界を創出。血縁者(ジェーン・バーキンシャルロット・ゲンズブール)のようなウィスパー・ヴォイスを期待すると、良い意味で打ちのめされるはず。2016年1月の初来日公演も楽しみ!

 

 

内本順一

ANDERSON EAST Delilah Elektra(2015)

フェイム・スタジオでライヴっぽくレコーディングされた“Satisfy Me”のPVを観て一発でヤラれた、アラバマ生まれ、現在はナッシュヴィルを拠点に活動するシンガー・ソングライター。絞り出すような掠れ声のシャウトからパッションとエモーションが溢れ出ていて、身体が熱くなったのだ。ホーンやオルガンの鳴りも底の深い音響も最高で、このメジャー・デビュー盤には往年のサザン・ソウルのヴァイブが見事に甦っている。スワンプ風味から甘いバラードまで全曲素晴らしい!

 

 

カシワサン

VARIOUS ARTISTS Reggae Masterpiece Presents: Top Rated Dancehall Golden Tracks Of 2000-2009 VP/TOWER RECORDS(2015)

2015年末に届いたVP×タワレコのコラボ・コンピ第3弾。2000年から現在に至るまでをひと括りにしがちな風潮にケリを付けるべく(!?)、〈ゼロ年代のダンスホール〉に絞り、当時のヒット曲を〈クラシック〉として扱った一枚だ。クロニクスジェシー・ロイヤルなどラスタ系が人気を集めている昨今。一定の周期で起こるルーツ・リヴァイヴァルは10年前にもあって、ここに収録されたシズラケイプルトンはいま聴いてもやっぱり最高。ジョグリンも同様。時代を軽々と超える名曲たちにニヤニヤ。

 

 

金子厚武

IDLEWILD Everything Ever Written VINYL Junkie Recordings(2015)

ごく個人的な話をすれば、2015年は久々のアルバムを発表したブラーアッシュ、〈フジロック〉で来日したスーパー・ファーリー・アニマルズなど、自分にとっての青春時代である90年代後半に活躍したUKのバンドが、揃って動きを見せてきて印象的でした。なかでもこのアイドルワイルドの6年ぶりとなる作品と、それに伴い秋に行われた8年ぶりの来日公演は、間違いなくハイライト。2016年はリチャード・アシュクロフトの再起に期待したいです。

 

 

北爪啓之

花澤香菜 Blue Avenue アニプレックス(2015)

3作目ということでイイ感じに微笑みを浮かべ、大人モードのハナザーさん。〈NY〉という絶妙なコンセプト、しかも極めて80s的なそれに抗えぬ魅力を感じてしまった俺……にしたって、エルボウ・ボーンズドナルド・フェイゲン的なアプローチというのはまだ想定内だったけど、まさかビリー・ジョエル“The Longest Time”マナーの一人ドゥワップまで披露するとは、どれだけ我が心の琴線をポロンポロンと鳴らせば気が済むのだ。あ~、好きになるに決まってるじゃないか!

 

 

金 雄大

JANET JACKSON Unbreakable Rhythm Nation/BMG/ソニー(2015)

97年の名盤『The Velvet Rope』以降も、上がりまくったハードルを難なくクリアしてきたジャム&ルイスと、久々にタッグを組んでの復活盤。ジャネットの歌声を最大限に活かした先行シングル“No Sleeep”の時点で本作の成功を確信していましたが、それのさらに斜め上を行く仕上がりでした。ミディアム~スロウ・ナンバーを主体に、アルバム全体を緻密に組み上げていく……そうそう、こういう作品が聴きたかったんです!と気付かせてくれた2015年の一枚。

 

 

久保田泰平

WONDER GIRLS The 3rd Album: Reboot JYP(2015)

あのIUでさえ乗っかっちゃったくらい、K-Popも〈ファンク〉とか〈80年代〉というのがホットなワードになっていたと思うんですが、ダントツにイカしていたのは、ロバート・パーマーブライアン・フェリーのPVに出ていそうなヴィジュアルで再起動したJYPの女神たち。(その後のR&Bにも通じる)レイト80s特有のメランコリーまで封入した楽曲群に、手塚理美みたいなワンレン女子にときめいていたあの頃を思い出しました。

 

 

桑原吏朗

SQUEEZE Cradle To The Grave Virgin EMI(2015)

ヴェテランが揃って良作を発表した2015年。わけても17年ぶりのこのアルバムがよもやの最高傑作となった彼らには、大きな拍手を贈りたい。のびのびとビートルズ愛を迸らせたり、お気楽に70sディスコ・サウンドへアプローチしたり、UKロックのルーツであるスキッフルに向き合ったりしつつ作られた本盤は、心躍るような美メロ・ポップスの宝庫で、作品全体の開放感ではELOより上かも!? こんなのが出てくるからロックを卒業できないんだよね。

 

 

澤田大輔

softly Live Love Laugh ARIGATO/Village Again(2015)

北海道発、ティーン女子のデュオによる2枚目のミニ・アルバム。ヴォーカルとギターという編成ながら、フェイヴァリットにアリアナ・グランデを挙げるようなソウル志向を持ち合わせており、フォーキーでいてグルーヴィーという絶妙なバランスのサウンドが素晴らしい。スウィート&メロウな“Girl's Talk”をとにかくよく聴きました。メジャー・デビューが決定しており、2016年のさらなる活躍への期待も込めて推薦させていただきます。

 

 

柴田かずえ

HIATUS KAIYOTE Choose Your Weapon Flying Buddha/ソニー(2015)

前作をずっと愛聴していたので……ジャイルズ・ピーターソンら世界のトップDJやミュージシャンから絶賛されている、メルボルンの4人組が満を持して日本デビューしたことは、私にとって嬉しい出来事でした。で、ネオ・ソウルな気運も味方に付け、ネイ・パーム嬢の表情豊かな歌声は瞬く間に浸透。〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN〉でも、世代を超えてさまざまな方が釘付けになっていましたよ! グラミーにもノミネートされ、ますます躍進するんだろうな。

 

 

ダイサク・ジョビン

LULU GAINSBOURG Lady Luck Mercury France(2015)

セレブ中のセレブでしか創造できない、畏敬の念さえ抱かせる、洗練に洗練を重ねたスマート&スタイリッシュという言葉そのままな究極の美しきこの音楽は、もっと多くの音楽ファンの耳に触れ、もっと大きな話題になってほしいです。ほかにも2015年はブラジル、アルゼンチン、アフリカもので良作が多く、とっても楽しめた。日本ではライヴをよく観たLUCKY TAPESSANABAGUN.をはじめ、入江陽吉田ヨウヘイgroupなど東京インディー・シーンの新進アクト+cero佐野元春が素晴らしかった!

 

 

田山雄士

おとぎ話 CULTURE CLUB felicity(2014)

2010年代も残り半分。CDはなくなっていないし、レコードはやや元気だし、ストリーミングは未知数という状況が後半どうなるのか? できれば、みんな残ってください。さて、おとぎ話はこの5年ずっとワクワクをくれたバンドです。どのシーンにも属さず、どんなアーティストとも絡める。だけど、正直まだまだ聴かれていない。評論家も含めて。こんなに素晴らしいアルバムなのに。この〈+1枚〉でも多くの人に知ってほしいから選びました。オススメ曲は“COSMOS”。

 

 

長澤香奈

NU'EST Bridge the World ARIOLA JAPAN(2015)

ヴァラエティーに富んだポップソングが満載。かつ、楽曲の流れが絶妙で、聴いているうちにライヴを観ているような感覚に。この一枚を通じて日本制作によるK-Pop作品の新たな可能性を感じました。日本デビュー1年目のグループながら、日本語の発音も美しく、歌詞もスッと入ってきます。2015年のダンス&ヴォーカル・グループ界隈は、三代目J Soul Brothersの大ブレイクをはじめ、例年以上に賑やかで、日本も韓国も個性豊かな新人が多数。2016年の活躍も楽しみです。

ヌーディーマン

ANNABEL If Music Presents: By The Sea... And Other Solitary Places If/Ninja Tune(2015)

スモーキーで牧歌的なジャズ・サンプルの上に、ビリー・ホリデイが完全憑依したみたいな歌唱をふりかけ……。まるでワンダー“Look Out For Yourself”の続編をついに聴けたかのような感動に、ドップリはまってしまったこの一枚。ケンドリック・ラマーを軸にしたLA勢、ヴァリエーションの広がり続けるR&B、サウンド・オブジェ大喜利とビート~ハウス回帰の対比、〈トロピカル・ハウス〉や〈アフロ○○〉などかつてとは違った意味で出回っている言葉たちが、個人的に興味深かった2015年。晩酌のアテによく聴きました。

 

 

野村アリマサ

PRINS THOMAS Paradise Goulash Eskimo/BBQ(2015)

オンライン上でミックス作品自体は手軽に楽しめるようになった昨今、リリース/セールス共に縮小傾向にあるフィジカル市場にあって、3枚組のヴォリュームで本作が世に出た意味は大きい。肝心の内容もトッド・テリエのブレイクで注目されたノルウェー・ディスコの出自を辿りながら、2015年におけるみずからの立ち位置を幅広い選曲で炙り出し……。缶詰だけに賞味期限はすこぶる長いが、入手は早めのほうが良いかも。

 

 

林 剛

BLACK VIOLIN Stereotypes Universal Classics(2015)

黒人と弦楽器の組み合わせを色眼鏡で見る世の中に、アーバン・ミュージックの語法で立ち向かうヴァイオリンとヴィオラ奏者のデュオが、ラディカルな姿勢の本作でメジャー・デビューしたことは、〈Black Lives Matter〉のスローガンがなおも叫ばれる2015年ならではだった。メラニー・フィオナブラックソートファロア・モンチロバート・グラスパーらのゲストを効果的に使った制作者イーライ・ウルフの手腕も見事。そして、弦に込めるエモーションと変わりない主役のヴォーカル。この歌心を僕は買った。

 

 

Masso 187um

YG Blame It On The Streets Pu$haz Ink/CTE World/Def Jam(2014)

NWAとケンドリック・ラマーに2015年はお任せ、ってことなんでしょうか。先行曲“Twist My Fingaz”“I Wanna Benz”共にバッチリでしたが、結局ニュー・アルバム『Still Krazy』は2016年に持ち越しのようなので、それまではコレでも聴いて待ってます。DJクイックマック10らが参加した“Bicken Back Being Bool”のリミックスが何より最高。

 

 

松元かれん

CIRCA WAVES Young Chasers Virgin/HOSTESS(2015)

リヴァプール発、若さ溢れるキラキラなギター・ロックを奏でる4人組! 私の〈+1枚〉は2年連続で〈サマソニ〉に出演するなど、日本でも大注目された彼らのデビュー・アルバムです! 底抜けにキャッチーでシンガロングしたくなる楽曲たち、“The Luck Has Gone”のエモーショナルなギター・リフに何度ときめいたことか!  ブリティッシュ・ロックンロール・リヴァイヴァルの決定打と言っても過言ではないでしょう。この1年を振り返るとサーカばっかり聴いてた!

 

 

村尾泰郎

図書館 図書館の水源郷 MY BEST!(2015)

年間ベストを選ぶのは大掃除みたいで大変だ。何を入れて何を外すのか。この1年を代表する作品は?なんて考えはじめるときりがない。そんなとき、図書館の『図書館の水源郷』を聴くと心が穏やかになる。田中亜矢近藤研二イトケン宮崎貴士——4人の個性豊かな音楽家が6年ぶりに再会して奏でたのは、ずっと昔から知っていたような気にさせられる、親しみやすくて美しい〈みんなの歌〉。〈選ぶ〉なんてことは忘れて、ただ静かに耳を傾けていたい。

 

 

山口コージー

SCOTT WEILAND & THE WILDABOUTS Blaster Ear(2015)

まさか俺の〈+1枚〉を、いまこのような気持ちで聴き返すことになろうとは。2015年12月3日、突然の訃報で世界を悲しみに包んだスコット・ウェイランドのリーダー作だ。激しさとポップ感覚に溢れる演奏、そして精魂込めた歌唱が絶品! ディスターブドのジョンらと組んだアート・オブ・アナーキーでの活動や、ストーン・テンプル・パイロッツへの再復帰説も流れるなど、好調ぶりを窺わせていた最中なだけに、本当に悔やまれてならない。2015年の〈+1枚〉作品だって!? いや、俺は一生これを聴き続けるぜ!

 

 

山口哲生

まじ娘 Contrast EXIT TUNES(2015)

2015年にデビューした方から選ばせてもらおうと考えたときに、まず彼女の名前が浮かびました。ホリエアツシストレイテナー)作詞/作曲、みきとP編曲の“アマデウス”が目玉でしたが、個人的には“回らないトゥシューズ”など無機質な手触りの楽曲を歌う声も極上かと。本人が作詞/作曲した“end”は、昔システム・オブ・ア・ダウンのコピー・バンド(パートはドラム/ヴォーカル!)をしていたのもあり、良い意味で変態的!

 

 

山口智男

KOREY DANE Youngblood Innovative Leisure(2015)

ジャケ買いが大当たりした、25歳のシンガー・ソングライターによる一枚。エドワード・ホッパーっぽくも見えるアートワークは、レーベル仲間のハンニ・エル・カティーブが手掛けたもの。同じLA在住のシンガー・ソングライターでも流行のローレル・キャニオン一派とは違い、ロックンロールなハートを持っている点に惹かれた。カントリー風の曲もちょっとハードボイルド。ある意味、異端な存在だけに、ここで僕が推さないと! ジャケに感じるものがあったら、いまからでもぜひ。