山崎ゆかり 『風の中にうたう』 空気公団の山崎ゆかり初ソロ作、千ヶ崎学や澤部渡らの演奏も良いムード

2019.12.10

空気公団の山崎ゆかりの初ソロ作である。キャリア初の試みにどんな趣向を凝らしているのかと思えば、作曲はEPO、松本良喜、妹尾武などに任せて、自身は作詞と歌唱に専念するスタイルが採用されていた。歌声のしっとりとした質感はいつもながら、普段と少し趣の異なる曲を手にしたことで見慣れない表情を浮かべたりもし、妙にドキドキすることも。千ヶ崎学、澤部渡、佐藤望らの演奏もすごく良い雰囲気を醸し出している。