コラム

乙女新党、元テクプリのメンバーによるアイリスら〈TIF2014〉出演アクトを紹介!――【ZOKKON -candy floss pop suite-】第32回 Part.3

前回の続き! フェスティバルで会いましょう

平和嶌「台風も続いてますけど、いよいよ本格的に暑くなってきましたね」

ピ~ス!久保田「確かにね……あの2人が揃って登場すると感慨で胸が熱くなるかな、うん。会長の活躍も合わせると、今年は2011年度卒業生の年と言ってもいいね」

平和「はい? あ、『GTO』の話ですか」

ピ~ス「久々に“3.a.m”でも聴くかな」

平和「『GTO』といえば、元エビ中瑞季さん、元おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!岡本夏美さん、bump.yを卒業したばかりの宮武美桜さん……というアイドル好きの人には何とも絶妙なタイミングのキャスティングで。よく考えると、みんな〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉出場経験者なんですよね」

ピ~ス「説明的かつ強引にありがとう。5年目を迎えたTIFもこの本が出る頃には目前だけど、観測してるだけでも時の移ろいを感じるな。Faint★Starも出演することだし」

平和アイリス寺嶋由芙さんも、結成されたばかりのプラニメもそうですけど、違う形で再登場を果たす人も多いですよね」

ピ~ス「で、今号でも引き続き出演者の作品をできるだけ紹介していくわけね」

平和「ちなみに入稿時点での出演者は、そのプラニメも合わせて126組がラインナップされてて、すでにアクト数は過去最高で」

ピ~ス「あれ、さっきサイト見たら131組になってたよ(*注:校了直前に134組に!)

平和「マジですか……というか、とにかくこのタイミングでのリリースが多くて! 店頭流通のないアイドルネッサンスとか、配信のみのCupitronとか、bounceではいまのところ掲載できない人たちも多いんですけど。再始動したミライスカートも気になりますし」

ピ~ス「新旧さ学メンバーによるHGSも配信のみだからね。まあ、タワレコ全店でCDが入手可能なものはだいたい押さえられてるかも?っていうぐらいのカンジで」

平和「新レーベルのStand-Up!のようにシーン全体を広げるような新しい動きもどんどん出てきていますし、クソ暑い夏を乗り越えて盛り上がっていきたいですね!」

 

 

アイリス プリズムレター MORADO(2014)

前年のTIFでラスト・パフォーマンスを披露したテクプリ……を前身とする話題のトリオが、勝手知ったるお台場に堂々の帰還です! このセカンド・シングルはベースの主張するダンス・チューンながら、そこにまっすぐ入ってくる歌声の素朴なバランスが何ともキュート。聴後感はポジティヴですね。 *出嶌

【参考動画】アイリスの2014年のシングル“魔法の呪文”

 

 

あゆみくりかまき ジェットクマスター id(2014)

くりかまき名義では2012年からの連続出場となるTIFながら、あゆみ加入後はもちろん初! トリオで初となるこのシングルでは、BACK DROP BOMB山嵐Pay money To my Painのメンバーが演奏! 彼女らのDJスタイルに合うラウドな出来でスゴいです。“ナキムシヒーロー”にはピエール中野も参加。 *出嶌

 

 

Ange☆Reve 勇敢な恋のセレナーデ Arc Jewel(2014)

快進撃中の愛乙女★DOLLDoll☆Elementsに続く〈第3のDOLL〉としてオーディションで選ばれ、4月にお披露目されたばかりのフレッシュな5人組(佐々木璃花がいます!)。早くもTIFに大抜擢となりましたが、これはその直後に出る初のシングル。へなちょこなガヤガヤ感を残す作りがクセになって楽しい! *出嶌

 

 

usa☆usa少女倶楽部 ふたりのバカンス Aries(2014)

TIFには4年連続出場の〈元祖・制服アイドル〉で、デスラビッツなど派生ユニットの動きが目立っていた現9人組ですが、TIF直後のタイミングでいよいよ3枚目のシングルが到着しますよ! メロディアスな表題曲に、サクライケンタが詞曲を提供したアッパーな“目覚ましのベル”、どっちも可愛いです! *出嶌

 

 

乙女新党 乙女新党 第一幕 ~始まりのうた~ ふわふわれこーど(2014)

7月のワンマンで2名が卒業……と同時に4人の新メンバーをお披露目し、6人組として心機一転のリスタートを切ったばかり! 田尻あやめ&高橋優里花による配信シングルも出ますが、2年連続出演となるTIFでは新編成によるフレッシュなパフォーマンスで〈始まりのうた〉を届けてくれるはず! *出嶌

TOWER DOORS
pagetop