2020.02.04

池田(ヴォーカル/ギター)以外のメンバーを一新した復活作となるミニ・アルバム。その内容は相変わらずフックの効いた躍動感溢れるアレンジが耳を惹く。従来のラウド・ロック/ハードコア感を引き継ぎながら、全体的にはポップ・パンク色が強くなった印象だ。シンガロング必至の童謡風のメロディーを配した“光のさす方に”は新境地的な楽曲で、音楽的な幅もいっそう拡大。全曲ライヴ仕様の熱気が渦巻く好盤だ。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop