PR
インタビュー

シネマ・コンサート〈エイリアン2 LIVE〉日本初演に向けプロデューサーと東京フィル指揮者が意気込みを語る

シネマ・コンサート〈エイリアン2 LIVE〉日本初演に向けプロデューサーと東京フィル指揮者が意気込みを語る

*2020年3月24日追記
〈エイリアン2 LIVE〉中止のおしらせ

2020年4月18日(土)に東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて開催を予定されておりました〈エイリアン2 LIVE〉は、新型コロナウイルスの影響により主要アーティスト及びテクニカル・スタッフが来日不可能となったため、中止となりました。詳細はこちらをご確認ください。

https://avex.jp/classics/aliens-live2020/


 

ジェームズ・ホーナー没後5周年記念〈エイリアン2 LIVE〉日本初演

 画面にひしめく無数のエイリアンと、観る者すべてを震え上がらせる〈ラスボス〉ことエイリアン・クイーン。海兵隊員をリアルに描くことで〈戦争映画〉の醍醐味をとことんまで追求したジェームズ・キャメロン監督の演出。ハリウッド映画における女性主人公の役割を大きく変えた、シガニー・ウィーバー演じるリプリーの勇敢な活躍。そして、3管編成の大オーケストラを駆使したスリリングな音楽でアカデミー作曲賞に初めてノミネートされた故ジェームズ・ホーナーのスコア――。SF映画の常識、続編映画製作の常識を大きく覆し、公開当時世界中で大ヒットした「エイリアン2」(劇場公開版)を全編上映しながら、ホーナーのスコアを全曲シンクロしながら演奏するシネマ・コンサート〈エイリアン2 LIVE〉が、ホーナー没後5周年を迎える今年、待望の日本初演を迎える。今回のプロダクションでプロデューサーを務めるジャック・ステュークスと、東京フィルハーモニー交響楽団を指揮するピエール・オライリーが、ホーナーへの想いと〈エイリアン2 LIVE〉への意気込みを語ってくれた。

TOWER DOORS