コラム

ブレードランナーLIVE ファイナル・カット版――電気楽器の神ヴァンゲリスの御業が顕現する

ブレードランナーLIVE ファイナル・カット版――電気楽器の神ヴァンゲリスの御業が顕現する

*2020年3月24日追記
〈ブレードランナーLIVE ファイナル・カット版〉中止のおしらせ

2020年4月3日(金)、4日(土)に東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて開催を予定されておりました〈ブレードランナーLIVE ファイナル・カット版〉は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。詳細はこちらをご確認ください。

https://avex.jp/classics/braderunner-live2020/


 

〈電気楽器の神〉ヴァンゲリスの御業が〈ブレードランナーLIVE〉で顕現する

 1982年の初公開時より、あらゆるアーティスト、ミュージシャン、クリエイターに絶大な影響を与え続けてきたリドリー・スコット監督の名作「ブレードランナー」。そのファイナル・カット版をシネマ・コンサート形式で全編生演奏するという計画を最初に知った時、いくら何でもムチャすぎると思った。巨匠ヴァンゲリスが手掛けたサントラは、映画音楽という枠を越え、シンセサイザー音楽という枠すら越え、すでにそれ自体がひとつの〈アート〉として完成している。仮に本人が当時の演奏機材を引っ張り出してサントラを再演したとしても、あの荘厳な響きと神々しいまでのきらびやかさ、絶望的な闇とポップスぎりぎりの感傷をないまぜにしたサウンドを再現するのは容易ではない。ましてや、生楽器のオーケストラ演奏など、もってのほかだ。公開当時リリースされたニュー・アメリカン・オーケストラの安っぽいカヴァー録音の悪夢から目覚めるまで――つまりヴァンゲリスが公式サントラをリリースするまで――筆者を含む当時からの熱心なファンが何年も要した、忌々しい記憶が甦ってくる。

TOWER DOORS