2020.04.28

プロデューサーとしてmabanua(Ovall)を迎えた2年ぶりのフル・アルバム。ちょっと意外な取り合わせにも思えるが、mabanuaらしい豊かで力強いボトムスが、このバンドならではの壮大なスケールのサウンドを支え、楽曲に揺るぎない安定感を付与している。また、シンプルな要素で楽曲を成立させるアプローチがダイナミックなメロディーを引き立て、より風通しの良い魅力を引き出すことに成功。特にフレッシュに響くのが、そのmabanuaとの共作による“Blackout”で、メロウなエレピが揺らぐジャズ・ファンク調のグルーヴが最高に気持ち良い。塩塚モエカ(羊文学)と共に日本語詞のラヴ・バラードに挑んだ“愛して、愛され”にも強く胸を揺さぶられる。新境地を見事に拓いた快作だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop