2020.05.21

あるひとつの恋が始まり、終わりを告げ、別の道を歩いていく2人の物語を綴った全5曲──。そう記すと感傷的な音像を自然と思い浮かべてしまうが、そうした面を内包しつつもメタルコア的なリフを導入し、奥底から湧き上がる欲望をぶつけ合うような“Chronos”や、張り裂けそうな胸の痛みを悲壮感溢れる重量級サウンドで盛り立てる“Reminiscence”など、強烈なまでに激情的であり劇場的。このバンドらしい楽曲が並んだニューEP。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop