ヤーン=エイク・トゥルヴェ、ヴォックス・クラマンティス(Jaan-Eik Tulve, Vox Clamantis)『キリルス・クレーク:合唱作品集』エストニアの聖歌と旧約聖書を美しい合唱へと昇華した逸品

2020.07.10

静寂と仄暗い空気感や祈りのハーモニーを生み出している。グレゴリオ聖歌や長くエストニアを支配したロシアの宗教音楽の荘厳さを彷彿とさせる。ペルトの一世代前の作曲家にあたるクレークは、エストニアの民謡を収集研究した。このアルバムはそのエストニアで歌い継がれてきた聖歌をクレークが編曲したものと、旧約聖書の詩篇に曲をつけたものが交互に収録。ペルト作品の演奏で高評価のヴォックス・クラマンティスは、スウェーデンの民族楽器ニッケルハルパとエストニアのチター属の楽器カンネルの神秘的な響きに呼応し、人の声の重なりとは思えない、塵一つない他に類のない美しい合唱の世界へ誘う。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop