コラム

ティンチョ・アコスタ(Tincho Acosta)『Silencio』アルゼンチンから吹いてくる明け方の風のように清々しい声とギター

ティンチョ・アコスタ(Tincho Acosta)『Silencio』アルゼンチンから吹いてくる明け方の風のように清々しい声とギター

アルゼンチンから届いた清々しい明け方の風のような声とギター

 80年生まれのアルゼンチン人シンガー・ソングライター、ティンチョ・アコスタが約6年ぶりに放つアルバムは、『シレンシオ』。この表題は、締め括りの曲“シレンシオ~静寂”から取られている。〈Silencio(静寂)〉だから、ティアンチョが7弦ギターを爪弾きながら歌う曲は、おおむね静かで、少なくとも高い音圧や激しいリズムで気圧されたり、心を掻き乱されたりすることはない。ただし、静寂といっても、夜のしじまというより、2曲目の曲名を借りるなら、〈夜明け〉の静けさをイメージさせる。しかも歌声は孤独の影を宿しているものの、絶望や悲嘆の色は薄く、だから『シレンシオ』には清々しい明け方の風が吹き抜けていると感じた。

TINCHO ACOSTA 『Silencio』 大洋レコード(2020)

 『シレンシオ』には、アカ・セカ・トリオのマリアーノ・カンテーロやクリバスのフェデリコ・アギーレ等が参加。ティンチョの達者な7弦ギターの弾き語りを、カホンやビリンバウ、アコーディオン、チェロ、コントラバスなどで彩ったアンサンブルで聞かせる。ただし、必要最小限のアンサンブルで奏でられているので、とても風通しが良い。

 ティンチョはサン・カルロス・デ・バリローチェ出身。が、彼はアカ・セカ・トリオのメンバーの母校でもあるラ・プラタ大学音楽学部で学び、その後もラ・プラタ市を拠点に活動している。また、ラ・プラタ河の最大支流パラナー川沿いで暮らしているのが、コンテンポラリー・フォルクローレの代表格カルロス・アギーレだ。ティンチョの歌と7弦ギターは、雄大なラプラタ河に反射する太陽の柔らかい光のようであり、川面をそよぐ涼風のようである。また、コルドバ出身の注目のシンガー・ソングライターであるロドリゴ・カラソとの共作かつ共演による“そよ風へ”は、今年8月に日本でもリリースされたロドリゴの『オクトゴノ』と共振しており、しかも〈そよ風は旅人のように旅を続ける〉という一節が旅愁をかき立てる。思わず地図帳を開きたくなる曲は、昔から良い音楽の証だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS