MIYAVI『Imaginary』メロディーや歌への意識をさらに高め新次元のスリルを演出

2021.10.13

前作以上にメロディーや歌への意識が高まった新作。トラップR&B風の“Hush Hush”がある一方、ドラムンベースなどの超高出力なダンス・ビートとシンセ、ギターが激しく切り結ぶサウンドは新次元のスリル。前作での矢沢永吉、沢田研二に続くカヴァーは、ほぼビートの骨格だけで押し切るニルヴァーナのあの曲と、ダウナーなP.O.D.“Youth Of The Nation”。後者はギターでアメリカ国歌を重ねる様に強いメッセージが滲む。

関連アーティスト