インタビュー

QUEENS『Lillight』セルフプロデュースで新常識を創る実力派アイドルが新体制での初シングルを語る!

“mediQ”のヒットで脚光を浴びた実力派アイドルが新章に突入――熱くフロアを揺らす圧巻のニュー・シングル“Lillight”は7人が進むこの先を照らし出す!

セルフ・プロデュースを強みに

 2018年に6人組としてスタートし、当初はロック主体の楽曲性を持ち味としていたQUEENS。もともとメンバーのNANAMIが作詞作曲を、MAHOが振付けをそれぞれ担当していましたが、昨年に新たなコンセプトとして〈REBUILD〉を掲げて以降、セルフ・プロデュースを主体にしたスタイルで注目を広げている現7人組のグループです。

NANAMI「もともとQUEENSになる前から自分で曲を作って活動していたので、グループになった時に〈やっぱり自分で曲を作りたいです〉って話して、徐々に作らせてもらうようになりました。最初の頃は〈踊れるロック・アイドル〉みたいなコンセプトで、なるべくシンセを使わない音作りだったりしたものを、〈REBUILD〉ぐらいから曲調も新しい要素を入れて、ラップもやったり、徐々に変化してきた感じですね」

MAHO「私も振付けしたいという話をして、“ボーイミーツガール”(2019年)で初めてやらせてもらって、そこから振付け担当になりました。他にもダンスの知識があるメンバーが多いので、大まかな部分は私が考えるんですけど、全員の意見をまとめてみんなで決めてるような感じです」

URUMU(リーダー)

URUMU「私は衣装のデザインをやってるんですけど、自発的に運営さんに話してチャンスを貰って。そうやってメンバーの手掛ける部分が増えて、ファンの人にも認知してもらえるようになったので、せっかくならセルフ・プロデュースを強みにしていこうってなって、みんなで〈どんなことをやってみたい?〉とか話し合って決めていくようになりました」

RINA「ステージに立つこと自体が好きなので、ステージをもっと良くすることなら自分にできるかもしれないって、演出をやってみたい気持ちがあって、〈REBUILD〉の時にはステージの演出を担当していました」

EMIRY「私は〈REBUILD〉の時はSNSで知ってもらうための案を考えたり、グッズもみんなで話し合いながら決めたりとかしてて、いまは足りない部分を補助するような形でいろんなことをやってます」

NANAMI「たぶんEMIRYがいちばん手広くやってくれてます。細かいことかもしれないけど、〈あれの締め切りがいつまでだよ〉とかの確認もしてくれるんですよ(笑)」

EMIRY「QUEENSって自分たちで考えて動かなきゃいけないことが多いから、自分がいちばん得意なことは何かな?って考えたらそういう役割になりました(笑)」

 そんななかメンバー卒業を経た6月にはHIKARUとAYAが新加入。グループは7人体制で〈第2章〉に突入したばかりです。

HIKARU「想像してたよりもめっちゃ忙しいんですけど、忙しいのって幸せなことやから、いま幸せやなって感じてます。入る前は〈馴染めるかな?〉とか思ってたんですけど、メンバーも凄い素敵な人たちで、良い環境に入れて、日々感謝って感じです」

AYA「もともとQUEENSが凄い好きで実際にファンとして観ていて、たまたまタイミングでオーディションの機会をいただいて加入できたので。素敵なグループだなって思って観ていたんですけど、加入してみたら想像の何倍も良いグループでした」

EMIRY「言わせてないですよ(笑)」

HIKARU「ほんまに思ってるから」

NANAMI

AYA「そう、メンバーの人柄も素敵だし、ファンの方たちにも温かく迎え入れてもらえて、チームとして凄く温かい環境だなって感じているところです」

URUMU「HIKARUもAYAもホントに甘えん坊というか、どっちもくっつき虫で、ずっと先輩の私たちにベッタベタで(笑)」

AYA「みんなが凄く安心できる存在だからいつも甘えちゃいますね(笑)」

NANAMI「やっぱり好きでいてくれたのがデカいですね。外側から見るQUEENSの良さも2人はわかってるし、私たちが一生懸命やってきたものを好きでいてくれたから〈がんばってきて間違いなかったな〉って改めて実感できたし。2人が入ってくれたおかげで、ゼロから始めるっていうより、いままでやってきたことの続きで新しいことを始められたので、ホントに運命的だなって思います」

EMIRY「4月の“mediQ”で新しいレーベルになってからいろいろ新しい経験もさせてもらって、QUEENSをいままで知らなかった人と出会う機会が増えたり、反響も大きかったです。4、5年やってきて、また新しいことをできるのが嬉しかったし、これからも経験できるのが凄い楽しみです」

タグ
関連アーティスト