PR
インタビュー

韓国のシンガーソングライター、イ・スンユン(Lee Seung Yoon)が支持される理由――初来日公演を振り返って語る日本でのあれこれ

韓国のシンガーソングライター、イ・スンユン(Lee Seung Yoon)が支持される理由――初来日公演を振り返って語る日本でのあれこれ

韓国のシンガーソングライター、イ・スンユンが日本でも注目を集めている。韓国のオーディション番組「シングアゲイン - 無名歌手伝」で優勝し、アーティストとしての階段を駆け上がる彼が2023年10月に初めての来日公演を行った。そこで、イ・スンユンというアーティストをより多くの人に知ってもらうため、イ・スンユンとは何者なのかをバイオグラフィや日本公演のライブレポ、インタビューを通してライターの尹秀姫にまとめてもらった。 *Mikiki編集部


 

オーディション番組「シングアゲイン」から現れた革命児

イ・スンユンは、2020年、韓国で放送がはじまるや爆発的な人気を獲得したオーディション番組「シングアゲイン - 無名歌手伝」でその名を知られるようになった。この番組は無名の歌手たちが実力を競い合うというもので、初めてこの番組に登場した時には首元がのびた黒いTシャツでいかにも自信なさげな姿だったものの、独特の声と感性でユ・ヒヨルやソンミ、作詞家のキム・イナといった目の肥えた審査員たちを魅了し続けた。特にユ・ヒヨルからは「自分だけの音楽をやろうと志す人に必要なのはスター。たった1人のスターが音楽シーンを作る。イ・スンユンにはそんな人になってほしい」と絶賛された。ラウンドを重ねるごとにイ・スンユンの人気は増していき、最後には視聴者からの圧倒的な支持を得て、見事優勝に輝いた。

韓国では〈バスキング〉と呼ばれる路上ライブが盛んで、ソロシンガーだけでなくバンドやアイドルグループまでもがストリートであらゆるパフォーマンスを披露するのだが、そこで歌われる曲のほとんどはカバー曲で、自作のオリジナルソングを歌う人はまれなのだとか。そんな中、頑なに自分の音楽を追求し、オリジナル曲だけを歌ってきたイ・スンユンは、カバー曲を歌い続けた「シングアゲイン - 無名歌手伝」以降は再び曲作りに没頭。2021年にファーストアルバム『Even If Things Fall Apart』を発表、2023年はセカンドアルバム『Shelter Of Dreams』をリリースし、そのアルバムをひっさげて〈2023 LEE SEUNG YOON 全国ツアーコンサート「DOCKING」〉を行った。

LEE SEUNG YOON 『Even If Things Fall Apart』 ShowPLAY ENTERTAINMENT(2021)

LEE SEUNG YOON 『Shelter Of Dreams』 MAREUMO(2023)

 

Zepp Hanedaでの日本初ライブの熱狂

10月26日、Zepp Haneda (TOKYO)で初の日本ライブが実現した。韓国での大規模ライブに比べたら比較的近い距離でイ・スンユンのライブが見られるとあって、当日は韓国から訪れるファンも多かった。そのせいか会場は開演前から異常なほどの熱気に包まれ、1曲目“Wild Horse”から大歓声が湧き上がる。マイクスタンド1本で歌われる伸びやかなボーカルに、会場が一体となって飛び跳ねるリズミカルなサビのメロディが印象的なこの曲で、日本初上陸ライブのスタートを華々しく飾った。

アコースティックギターのサウンドから始まって壮大なメロディをまとう“Hero Collector”では地声とファルセットを自在に使い分け、続く“Open Your Textbook”ではようやくギターを手に取り、想いをぶつけるように歌い、音を奏でる。誰かの悲劇が教材として共有されることへの恐怖と、それを歌う自分も同じだと指摘するこの曲は、シニカルに物事を見つめる彼の感性が感じられ、また彼が持つ鋭い視線からは本人すらも逃れられないことを表してもいる。「シングアゲイン - 無名歌手伝」でもたびたび革命児、反逆のアイコンと謳われていたが、なぜ人は彼の音楽に熱狂するのか、序盤の3曲でその理由を見せつけた。

このパートだけみても韓国のアンコールライブからセットリストを変えてきているのだが、「実はセットリストは頻繁に変えるほう」なのだそう。「ある程度のセットリストは事前に組んで、大きな流れやかたまりもあらかじめ考えておきますが、細かいところはツアーにある程度慣れてきたら変えていきます。今回の日本のライブのセットリストは、今後また日本でライブできるチャンスはないかもしれないという前提のもと、僕の曲の中でもっとも自分らしく、ライブに不可欠だと思う曲を中心にセレクトしました」と後に語ってくれた。

タグ
関連アーティスト