ドラムンの新鋭、レネ・ラヴァイスが暗黒サウンドやポップな歌モノなど小箱からフェスまで対応可能なトラック装備した2作目

2016.01.21

ラムとの出会いで才能を開花させ、瞬く間に世界的なプロデューサーになったカナダの新鋭が2作目を投下。エド・ラッシュ&オプティカルを彷彿とさせる暗黒サウンドが話題を呼んだ“Where My Ladies At”、ヒット・ポテンシャルの高いポップな歌モノの“Don't Look Down”や“Wave”など、持ち駒にヴァリエーションを増やし、小箱からフェスまで対応可能なトラックが装備されている。こいつの実力は本物だ!

関連アーティスト
TOWER DOORS