インタビュー

飛躍の時期と人生の節目を同時に迎えた寿君、もっとも伝えたい気持ち込めた新作『SPECIAL THANX~ありがたや~』を語る

Page 2 / 2 1ページ目から読む

オレガヤレバ新たなレゲエの扉は開く!

 ヴェテランが第一線で活躍している姿を見られるのは喜ばしいことでもあり、一方で新しいスターが生まれにくい状況を作りかねないという不安な面もあり……。そんななか、寿君の躍進は確実に今後へ繋がるものだと感じています。『オレノキュウキョク』以降、彼の客演は右肩上がりで増えているのですが、盟友のHISATOMIをはじめ、RAM HEADNEO HEROFIOなど、その多くが伸び盛りの歌い手だという点も、自身が中心に立って次の時代を切り拓かんとしている証のように思えたりして。

HISATOMIの2015年作『MADE IN ISLAND』収録曲“GOLDEN TAG”
 

 では、本場ジャマイカはどうでしょう。やはりここにも世代交代の波が押し寄せ中で、筆頭株はクロニクス(もうすぐ初来日!)やプロトジェジェシー・ロイヤルといったラスタ回帰勢。彼らと合わせて、オーセンティックなミディアムで発揮される寿君の伸びやかな歌唱が好きな人ならクリストファー・マーティンダルトン・ハリスら、新作収録曲“Sit Down Pon It”などのミュータント・ダンスホール感を楽しみたい人ならデクスタ・ダップスレイティッドあたりも、この機会に注目してみてはいかがでしょうか。ジャマイカ詣でをした寿君も、現地の動向に少なからず影響を受けているはずですしね。 *山西絵美

デクスタ・ダップスが参加した2015年のコンピ『Strictly The Best Vol.52 & 53』収録曲“Shabba Madda Pot”

 

 

関連アーティスト
TOWER DOORS