またしてもこの季節……何度目の思い出になる?

平和嶌「1年が経つのは早いもんですね。ぼやぼやしてたら〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉の季節が巡ってきました」

ピ~ス!久保田「進歩のない話を毎年してるのもアレだけど、まずは今年も無事に開催されて何よりって感じだね」

平和「無事に、どころか……校了前の6月15日の段階で192組がラインナップされてますから凄まじいですよ」

ピ~ス!「な~んと欅坂46の発表もあったからね。8月5、6、7日の3日開催になったから当然かもしれないけど、この時点で去年の154組を優に超えてるってわけか」

平和「ってことで物理的にアレなので、今年からはニュー・リリース中心にして……今月はひとまず6月後半~7月初旬に出るブツを優先的に紹介してます」

ピ~ス!「数が増えたぶん、割合でいったら一般リリースのない人たちもまた増えた感じなのかな」

平和「そうなります」

ピ~ス!「しかし、7年目か。初回の2010年から出てた人たちももうそんなにいないよね。バニビさんとでんぱ組.incアイカレ、あとアフィリア・サーガ・イーストJK21Starmarie腐男塾ぱすぽ☆……」

平和「当時の表記で言わないでください。今年は新井サマーのみが登場する東京女子流も初回出演組でしたね。あと……今年のTIFで解散するアイリスの2人もテクプリとして初回から出ていました。テクプリ自体も2013年のTIFがラストでしたし、いろいろ感じる人も多いでしょうね」

ピ~ス!「なるほど。いろいろな思いが絡み合うことで、また現場が熱く燃えるってことだね!」

 

ニュー・リリースをまとめて紹介!

Doll☆Elements Dear Future DREAMUSIC(2016)

ドリーミーなダンス・ポップ“君のオモイ届けたい”(2015年)、純邦楽テイストを忍ばせたこの最新シングルと、近作でもヴィジュアル・コンセプトに相応しいラヴリーな楽曲でキュンキュンさせてくれている〈お人形さん〉たち。今年で5回目となるTIFでは、さらなる新曲も聴ける……かな? *久保田

 

ときめき♡宣伝部 むてきのうた SDR(2016)

デビューから1年。ももクロエビ中しゃちほこなどトリッキーな先輩グループより〈オンナナのコ度〉高めな楽曲とハツラツとしたキャラで魅力を浸透させてきた彼女たち。2度目のTIFもパワーアップ必至。びっちょり汗をかいちゃいましょう! *久保田

 

イケてるハーツ 世界へはばたけ! Stand-Up!(2016)

2月のデビュー・シングルがいきなりオリコン8位のヒットを記録し、〈Tokyo Girls' Update〉枠にてTIF出演を掴むなど、グループ名がハッタリじゃないことを証明している8人。この2枚目のシングルは桃井はるこが提供した現場映え必至の表題曲に、ユニークなカップリングを取り揃えた強力盤ですよ! *出嶌

 

STARMARIE 姫は乱気流☆御一行様 ブシロード(2016)

Starmarie〉時代に初回のTIFに参加し、現体制になった2014年からは3年連続で出演を決めている5人組。TVアニメ「鬼斬」の主題歌に選ばれたこの最新シングルは、海外での公演も多い彼女たちに相応しく和のテイストをユニークに散りばめたもの。中毒性の高い佳曲です! *出嶌

 

9nine BEST9 ソニー(2016)

結成10年を経て、7月の中野サンプラザ公演では川島海荷の脱退を控えており……ということで、こちらは2010年の“Cross Over”から先日の“愛 愛 愛”まで5人時代のヒット・シングルを完全網羅したメモリアルなベスト盤。その先の第一歩となる5回目のTIFでは、どんな勇姿を見せてくれるのでしょう? *出嶌

 

吉川友 歯をくいしばれっっ!/チャーミング勝負世代 アップフロントワークス(2016)

4度目のTIF出演を前に発表したニュー・シングルは、雰囲気を変えての両A面! 大森靖子の詞曲による“歯をくいしばれっっ!”は“愛の讃歌”っぽい導入から大森節が全開の快曲(編曲はサクライケンタ)で、アカシック作の“チャーミング勝負世代”は刹那的なロック・ナンバー。歌の対応力も光ってます! *出嶌

 

STEREO JAPAN Dancing Again Bermuda(2016)

バウンス系からフューチャー・ハウスまでEDM路線を多様に推進してきた彼女たちは、昨年に続いてのTIF参戦。すでに〈CDからの卒業〉を宣言済みってことで、これが最後の紹介となりますが……この最新シングルはどことなくエスペシャルなディスコ・ハウスが最高に気持ちいいんです。 *出嶌

 

Hauptharmonie Herz uber Kopf 箱レコォズ(2016)

加入半年に満たないメンバーも含む新体制へと豪快に舵を切った現5人組。結成2周年のタイミングで届くこのセカンド・アルバムでは、初期の風変わりなスマートさと現在進行形の賑々しい泥臭さが隣り合ってポップな混沌を描き出すかのよう。初登場となるTIFでも独創的な歌世界を開陳してくれるはず! *出嶌

 

上月せれな Shake the DiCE youthsource(2016)

中学時代より地元長野と東京を往き来しながらタフな活動を続けてきた元気っ子。昨年夏よりタワレコのレーベル入りして注目度もさらに上昇し、今年はこのニュー・シングルを引っ提げて念願のTIF初出場! 会場での盛り上がりはサイコロまかせ!? ……いや~、良い〈目〉が出る予感しかしません! *久保田

まだまだあるよ! ニュー・リリースをまとめて紹介

つばきファクトリー つばきファクトリー SOUND+VISION Vol.1 アップフロントワークス(2016)

昨年こぶしファクトリーTIFに送り込んだハロー!プロジェクトから、今年はつばきファクトリーが気高く咲き誇る! 小片リサは前歴で3年連続出演していますが、グループではもちろん初登場。初の一般流通作となるこちらはDVD+CDの2枚組パッケージで、CDには会場限定シングルを含む4曲が収録されています! *出嶌

 

ばってん少女隊 おっしょい! Colourful(2016)

たこやきレインボー二代目いぎなり東北産とスターダストの全国展開グループがTIFに揃うなか、福岡発の彼女たちは昨年に続く2度目の大舞台となります。渡邊忍ASPARAGUS)の手掛けたこちらのメジャー・デビュー曲は軽快な博多弁スカコアでしたが、9月には早くも次のシングルが! *出嶌

 

callme Confession avex trax(2016)

前作から2か月あまりとハイペースで畳み掛ける彼女たちのニュー・シングルは、スウィンギーなピアノとエモーショナルなメロディーが絡むダンス・ポップ・チューンに。全編セルフ・プロデュースによるアルバムも経ただけに、2回目となる今年のTIFは期待して間違いなさそう。 *久保田

 

ひめキュンフルーツ缶 威風凛々 RUN BEFORE THE WIND 第一章 徳間ジャパン(2016)

今年のTIFにはひめキュンを筆頭に、nanoRiderFRUITPOCHETTEならさきゅりAiCuneとマックル軍団が結集。ひめキュンの出演は2012年以来となりますが、その間の確かな成長は、今年1月に地元のひめぎんホール サブホールで行った〈第一章〉の集大成ライヴを収めたこのDVDからも伝わるはず! 熱い追体験を! *出嶌

 

ベイビーレイズJAPAN 閃光Believer ポニーキャニオン(2016)

3月から5月にかけてのライヴ・ツアーで全国を行脚。ステージや楽曲から放つ熱量をますますアップしていく一方、ガーリーな魅力にもめきめきと磨きをかけている彼女たち。5年連続5回目となるTIFでも、過去を更新する最高の閃きを見せてくれるはず。目を逸らすなよ! *久保田

 

Predia 白夜のヴィオラにいだかれて CROWN GOLD(2016)

風格すら漂う10人は6年連続のTIF出演。それに先駆けた新作は、仰々しい“刹那の夜の中で”や曲名もタイムリー(?)な“満たしてアモーレ”など逸曲揃いのミニ・アルバム。90年代J-Popの歌謡性とカタルシスを継承した“幾重の愛に”などを聴くと、AN-JD&Dのような宝石を思い出します。良いわ~。 *出嶌

 

まなみのりさ 真夏のエイプリルフール/Results FORCE MUSIC(2016)

デビュー10年目の実力を4度目のTIFで見せつけるべく、演奏にCaramelも参加した半年ぶりのニュー・シングル。“真夏のエイプリルフール”はしなやかな歌唱の映えるナチュラルな雰囲気のダンス・ポップで、これはめっちゃいい曲! 3人の苦闘を忍ばせたオルタナ系の“Results”もグッとくる一曲です。 *出嶌

 

むすびズム マエヲムケ! FUJIYAMA PROJECT JAPAN(2016)

〈日本のカワイイと世界のみんなをむすぶ〉ASOBISYSTEM発ユニットが、TIF出演も控えて待望の初シングルを発表。なかなか歌えるメンバーがいることもあり、miifuu作のエモい表題曲も、小林愛×ハシダカズマによるわちゃわちゃ系“our worldへ”も抜群です。TEMPURA KIDZのカヴァーもハマってる! *出嶌

 

THE HOOPERS ラブハンター ユニバーサル(2016)

風男塾の弟分は今年で3年連続3回目のTIF。昨年秋から現在の8人体制となり、初のワンマン・ライヴも大成功。直近のシングル2作はいずれもオリコン・ウィークリー・チャートでTOP10入りを果たすなど上向きなトピックだらけのグループだけに、そのステージを観逃す手はないですよ! *久保田

 

lyrical school サマーファンデーション キング(2016)

縦型MVが話題となった“RUN and RUN”から短いスパンでのニュー・シングル! “brand new day”以来のLITTLE×AxSxEによる表題曲は、これまでも夏の名曲が多いリリスクだけにハズしはナシ。あのU.M.E.D.Yを擁したEDUのチャラ曲“Kiss Me”(95年)をカヴァーするという着眼も流石であります。 *出嶌

 

プティパ -petit pas!- Refrain project Mave-Ricks(2016)

ファッションモデル/DJとしても人気の篠崎こころを擁し、昨年はミスiDステージに登場してTIFの舞台も踏んでいるトリオ。パンキッシュなロック・サウンドには定評があるだけに、今年のTIFには現時点の集大成ともいえるこのファースト・アルバムでガッチリ予習して臨みたい! *出嶌

 

まねきケチャ きみわずらい/妄想桜 FORCE MUSIC(2016)

日本ツインテール協会が送り出す第2弾グループとして昨年8月のお披露目以降、原宿発の〈KAWAII〉カルチャーを巻き込みながらその人気を急上昇させてきた5人。このシングルでのメジャー・デビューに続き、6月、7月の大箱ワンマン開催などトピックも尽きない最注目の初出場組だ! *久保田

 

ロッカジャポニカ 教歌SHOCK! EVIL LINE(2016)

TIFに大挙参戦するスタダ勢では奥澤村はちみつロケットと並んで3B junior内からの登場となる5人組です。年頭のメジャー・デビューからイイ調子で届いたこのニュー・シングルでは、ももクロ仕事で知られるinvisible mannersが表題曲を担当。カップリングではTom-H@ck前山田健一も参加の模様! *出嶌

 

放課後プリンセス 青春マーメイド ユニバーサル(2016)

2月の“純白アントワネット”がオリコン週間2位を獲得したり、候補生のまりちゅうがミスiDに選ばれるなど、メジャー・デビュー以降は明るい話題の目立つ彼女たち。このニュー・シングルは人魚姫を題材にしたドラマティックなナンバー。4年連続となるTIFでも会場を切ない歌心で支配するはず! *出嶌

 

Maria テッペン☆GIRL INAZUMA(2016)

サングラスとランドセルをトレードマークに、ラッツ&スター佐藤善雄プロデュースでデビューした〈ちゃめRock Girls〉も3年連続でTIF出演です。候補生2名を含む6人体制で放った久々のニュー・シングルは、いつものカヴァーではなく書き下ろしのオリジナル。ゴリゴリのカップリングが熱いんです。 *出嶌

今月のZOKKONディスク1・2・3!

HR 待っとうよ! コロムビア(2016)

功多き2期生の卒業を経て10代オンリーになった新体制で挑むメジャーでのサード・シングル。ここにきてご当地カラーを強調しつつアッパーなサマー・チューンに仕立てた表題曲は、ここ数作で最高の楽しさ溢れる出来! 爽やかでヒネリもある“星屑ミュール”などカップリングも良いです。

 

With Love あの夏へ帰ろう Rocket Beats(2016)

昨年はKus Kusとの期間限定コラボでシングルを発表していた〈清楚系個性派ユニット〉。初ワンマンの成功も受け、満を持して単独でのシングルをリリースです! 表題曲はおっとりした歌唱の合うサマー・チューンで、ギター・リフの効いたカップリングの“恋愛マニフェスト”もいい感じ。

 

乙女新党 乙女新党 第二幕 ~旅立ちのうた~ ふわふわれこーど(2016)

6人体制に戻ったのも束の間、残念ながら7月3日のワンマンをもって解散する彼女たちの最終章です。2期メンを迎えて活動した2年間の集大成となるアルバムで、4枚のシングル曲に、初CD化となるデュオ曲3つなどを満載。キャラに合った良曲が多かったことを改めて実感させられます……。