2019.09.26

昨年は日本武道館公演を成功に収めた4人組による自主レーベルからの第1弾となる新作は、バンドが一枚岩と化したサウンドで勝負。演奏の手数を絞り、生々しいライヴ感を楽曲に落とし込んでいる。また、〈誰かの為に歌いたい〉(“Alive”の訳詞)という素直な歌詞に顕著だが、シンプルな言葉使いも今作の特徴だろう。その意味で演者の体温がこれまで以上に伝わってくる、ハートフルなロック・アルバムだ。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop