PR
インタビュー

新生SpecialThanks、最高潮! バンドの楽しさが詰まったアルバム『SUNCTUARY』を語る

Page 2 / 5 1ページ目から読む

バンドは全員がかっこよくないとダメなんです

――フィーリングが合ったんでしょうね。ちなみに以前のメンバーがバンドを離れたことについてはどう受け止めていますか?

Misaki「寂しさが全然なかったわけではないけど、〈これからまた新たなSpecialThanksが始まるんだ!〉という気持ちのほうが強かったですね」

YOSHIDA「サポート時代から見ていた自分の感覚だと、バンドが今後行きたい方向性の違いが(脱退の)原因だったのかなと思いますね。バンドがこうありたい、ということの意思疎通ができてなくて、その部分がMisakiとほかのメンバーとで合ってなかったのかなと」

Misaki「YOSHIDAがサポートで入ってくれるようになった頃から、私がどんどんバンドに対して前のめりになっていったんですよね。それまでは私が就職していたこともあって、まったり活動していたんですけど、どこかのタイミングで私が〈もっとライブをガッツリやりたい!〉と思うようになったんです。でも、他のメンバーはそういうモードではなくなっていて」

YOSHIDA「タイミングですよね。各々バンドに対する熱量のある時期が違っていたというか」

Misaki「バンドは1人でやる気になっても難しいけど、今はみんながバンドにすごく情熱を持っている。そういうメンバーと一緒にやれてることは大きいですね」

――Misakiさん以外のメンバーは、SpecialThanksという10年以上の活動歴があるバンドに、このタイミングで新加入したわけですが、そのことに対して何か特別な思いは?

Toshiki「僕は元々、10年ぐらい前からSpecialThanksのCDを買って聴いてた立場なんですよ。その後、前にやっていたバンドでSpecialThanksと一緒にツアーを回る機会があって、そのときに初めてMisakiちゃんと話して。そこからお互いのバンドのイベントに呼んだり、仲良くさせてもらっていたんです。で、僕が前のバンドを辞めることを発表したら、Misakiちゃんが〈うちも実はギターが抜けるから、よかったらサポートやってくれない?〉って連絡をくれて。その言葉がすごくうれしかったし、自分が好きなバンドに加入することなんて、なかなかないことだと思うので、今は喜びを噛みしめて活動してます」

Misaki「たまに酔っぱらったときにすごく言ってくれるよね(笑)」

――SpecialThanksに対する思いも、バンド活動に対する熱量も、今のMisakiさんに近い部分があるんでしょうね。

Toshiki「そうですね。それは喋ってても感じることで。僕はギタリストですけど、例えばスタジオ・ミュージシャンとして活動したり、〈Mステ(ミュージックステーション)〉に誰かのバックで出演したりするよりも、好きなメンバーと好きな音楽をやるのがいちばん楽しいっていうスタンスなんです。そういうバンドマン気質のところが合っていると思うし、他の2人も同じ感じで。YOSHIDAくんも学生時代にSpecialThanksをコピーしていたらしいし」

YOSHIDA「そう。だから感覚はToshikiと近いと思う。俺がSpecialThanksを初めて聴いたのは高校生ぐらいかな? その後、大学のサークルのコピー・バンドでSpecialThanksの曲をやったりとかしていて。SpecialThanksには2018年の頭からサポートで入ったんですけど、そのちょっと前に昔やっていたバンドを辞めて、SpecialThanks以外にもいくつかのバンドのサポートをしていたんですよ。でも、バンドもずっとやりたいなと思っていたので、(Misakiに)声をかけてもらえたのはすごくうれしかったし、やるからにはもっと上に上り詰めたいなと思いましたね」

――KOUSUKEさんはいかがですか?

KOUSUKE「僕も大阪でずっとバンドをやっていて、SpecialThanksのことももちろん知っていたんですけど、自分はアンダーグラウンドの中のアンダーグラウンド、すごく下の方に潜っていたんですよ(笑)。だから(SpecialThanksは)俺からしたら遠い存在で。で、その当時、トシくん(Toshiki)が先輩で、僕の面倒を見てくれてたんですけど、そのカッコええなと思ってた先輩からサポートの誘いがきたんで、めっちゃテンションが上がって。それで〈なんのサポートですか?〉って訊いたら、SpecialThanksだったんで〈おおっ! マジかよっ!!〉って。なんで大根みたいにスポって抜かれた感覚ですね(笑)」

Toshiki「こんなこと言ったら昔のメンバーさんに怒られますけど、自分が前のバンドで(SpecialThanksと)一緒にツアーを回ったとき、ライブを観たらMisakiちゃんの歌しか残らなくて、ちょっとがっかりしたんですよね。だから自分がメンバーになることでMisakiちゃんの歌をもっと上に持っていきたい気持ちがあって。それは他の2人も同じだと思うんですけど」

Misaki「バンドは1人がかっこいいだけじゃ成り立たないんですよね。全員がかっこよくないと意味がないし、ダメなんです」

YOSHIDA「今のSpecialThanksのいいところは、楽器隊の3人が他のバンドだと〈控えめにしてて〉って言われるぐらいキャラが立っている人たちなのに、僕らがどれだけ好きなようにやっても、結局はMisakiに(注目が)いくっていうところで。バンドとしてすごくいいバランスで成立してるし、かっこいいバンドとしての姿が出来上がってると思う」

 

思い描いていた夢の続きに行ける4人

――その新体制ではまず、ライブ会場限定のミニ・アルバム『キラセブン』を、昨年7月のワンマンのタイミングで発表されて。こちらは『SEVEN COLORS』(2008年)、『SEVEN SHOWERS』(2009年)、『SEVEN LOVERS』(2011年)の初期三部作からの楽曲を現メンバーで録り直した音源が中心でした。

Misaki「まずは、このメンバーでの新曲がほしかったので、1曲だけ“dreaming”という新曲を入れたんですけど、残りの6曲は過去作の中からライブでノレる曲を中心にチョイスしました。ライブで過去の曲をやるときに、一度自分たちでリアレンジしたものをレコーディングしておけば、コピーしている感覚ではなくて、自分たちの曲って感じてもらえると思ったので。あとはお客さんに向けた部分もあります。SpecialThanksは今までたくさん作品を発表してきたので、ライブで〈どれを買えばいいですか?〉って訊かれることが多いんですよ。なので今のメンバーで〈これを買って!〉と言えるものを作りたくて」

Toshiki「名刺代わりだよね」

――その現体制での最初の新曲“dreaming”は、今回のニュー・アルバム『SUNCTUARY』にも収録されていますが、先ほどのお話に関連付けると、〈バンドとしての夢を追う〉ことをテーマに書いた曲なのかなと。

『SUNCTUARY』収録曲“dreaming”
 

Misaki「私は自分自身が現実志向の人間ということもあって、今まで〈夢〉という言葉をあまり使うことができなかったんですけど、今のメンバーといると、キラキラした未来が見えるというか、(この先の活動に対して)ワクワクしかしないので、自信を持ってそういう言葉を使えるようになって。この曲に関しては〈夢を追いかけよう!〉ということを書いたのではなくて、今この瞬間、このメンバーといい気分でいられたり、音楽を作り上げたりしているその毎瞬が、私にとっては思い描いていた夢だったんです」

――なるほど、〈夢〉は現在進行形で叶い続けていると。

Misaki「そう、毎瞬叶え続けていて、その延長線上にはさらに大きな、次の夢があるんだっていう曲なんですよ。今だからこそやっと書けた曲です」

関連アーティスト
TOWER DOORS