春ねむり『LOVETHEISM』約2年ぶりのアルバムに息づくのは〈音楽の可能性〉を信じる気持ち

2020.06.12

話題作『春と修羅』以来、約2年ぶりのアルバムに息づくのは〈音楽の可能性〉を信じる気持ち。命の営みの連鎖を感じさせる壮大な幕開け曲“ファンファーレ”から、パンキッシュなサウンドが激しく脈動する“愛よりたしかなものなんてない”、祝祭的な狂騒に満ちた“Riot”まで、くそったれの世界の中心で愛を叫ぶその姿には、孤高の美しさが漂う。“Amazing Grace”を織り込んだ“りんごのうた”で締める構成も見事。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop