(左から)磯本雄太、井上花月、鈴木迅、川島健太朗
 

Laura day romanceのデビュー・アルバム『farewell your town』が話題となっている。サンシャイン・ポップの系譜に連なるハーモニー、瑞々しくウェルメイドなメロディー、詩情に満ちたフォーキーな演奏は、インディー・ロックのファンから大いに歓迎されたことだろう。さらに、外出自粛でアコースティック・サウンドの需要が急上昇……なんてデータもあるそうだが、不安を包み込むような歌とサウンドは、もっと広いニーズとも合致しているのかもしれない。初作にしてエヴァーグリーンと呼びたくなるポップネスは、どこか新人離れしたものがある。

2017年に大学で知り合い結成されたLaura day romanceは、渋谷系への憧れから洋楽に精通する一方、シャムキャッツやHomecomingsの背中を追うように青春のギター・ポップをかき鳴らしてきた。しかし、〈架空の街を舞台にした短編集〉をテーマにした『farewell your town』では、若さゆえの勢いに頼る代わりに、ある意味で職人的とも言えるソングライティングを実践している。こんなに早く成熟のターンを迎えるバンドも珍しい。

そんな彼らのパーソナリティーや、音楽的なヴィジョンについてはもっと語られるべきだろう。例えば、『farewell your town』がビッグ・シーフの影響下にあると知れば、作品の印象もガラリと変わってくるはずだ。バンド結成のいきさつから、大人の階段を数段飛ばしで駆け上った背景まで、メンバー4人に話を訊いた。

Laura day romance 『farewell your town』 lforl(2020)

 

アメリカン・ポップスがひとつの指標

――『farewell your town』をリリースして少し経ちますが、反響はどうですか?

井上花月(ヴォーカル/タンバリン)「聴き込む感じの作品になったので、どんな反応が来るのか不安もあったんですよ。でもチラホラ聞いた限りでは〈落ち着いて聴ける〉とか、ちゃんと作品を受け取ってもらえている印象ですね」

川島健太朗(ヴォーカル/ギター)「あとは時期が良かったのかもしれない。意図はしてなかったけど、家で音楽を聴く時間が増えたことで、より伝わりやすくなった部分もあると思います」

――アルバムのティザー映像も、そういう状況を活かしたものになってましたね。

井上「Zoomでミーティングしたときに、これを使ったら面白そうだと案が出たんです。ただやっぱり、他のアーティストさんも同じことを考えていたから……」

川島「早くやるしかないって(笑)」

『farewell your town』のティザー映像
 

――ミュージック・ビデオといえば、最初のEP『her favorite seasons』(2018年)に収録された“lovers”の映像は改めていいですね。部屋に飾ってあるレコードが最高じゃないですか。ビーチ・ボーイズ、バーズ、ハーパース・ビザール、ニック・ロウ、ライラック・タイム、ロケットシップ、アロー・ダーリン……それに大量のペイヴメント。

一同「(笑)」

――洋楽好きとしては興奮しました。いい趣味してるなって。

鈴木迅(ギター)「(バンド内で)特にレコードを持っているのが僕と川島で」

川島「MVの監督にありったけのレコードを持ってこいと言われて(笑)」

鈴木「そうそう。僕らとそんなに遠くない作品を持ち寄って、MVの小ネタになればっていうのはありました」

2018年のEP『her favorite seasons』収録曲“lovers”
 

――あそこに飾られたレコードは、バンドの音楽性を象徴しているものと言えそうですか?

鈴木「どうだろう。僕のなかには(影響が)根深くありますし、どこかで自然に出ているかもしれないけど、必ずしもそういうわけでもないですね。ビーチ・ボーイズは大きいけど」

――でもわかる気がします、みなさんにとってビーチ・ボーイズが重要なのは。

鈴木「ビーチ・ボーイズのようなコーラスがいいバンドは、回り回って若いインディー・バンドにも影響を与えていると思うんですよ」

川島「僕は高校までずっとイギリスの音楽ばかり聴いていて。大学で鈴木と出会ってからペイヴメントやウィルコなどを教えてもらったんです。それからビーチ・ボーイズもそうだし、キャロル・キングとかシンガー・ソングライター系も聴くようになって。アメリカのポップスはバンドのなかでもひとつの指標としてあると思います」

インディー・ナードと文学少女が出会う

――結成当初のLaura day romanceは鈴木さんと川島さん、井上さんの3人組だったそうですね。早稲田大学で出会ったとか。

鈴木「そうですね。まずは僕から川島に声をかけて、そのあとかっちゃん(井上)がやっていたバンドが活動休止したので、一緒にやろうと誘いました」

――鈴木さんと川島さんはどんな感じで意気投合したんですか?

鈴木「大学で話しかけたら、高校時代まで出会ってこなかった音楽オタクで、すごいナードなヤツだと思って」

川島「僕もそう思いましたね、大学ってすげえなって(笑)。最初、くるりとヴァンパイア・ウィークエンドの話をしたんだよね。お互いのiPodとウォークマンを見せあいっこしながら」

――そこに井上さんが合流すると。他のインタビューによると、松任谷由実さんやチャットモンチーがお好きだったそうですが。

井上「そうですね。この2人に洋楽の良さをガンガン教えられるまでは、主に邦楽を聴いていて。ユーミンは小さい頃から家でずっと流れていたし、チャットモンチーは小学4年生の頃に『耳鳴り』(2006年)が出て、狂ったように聴き続けていました(笑)」

――Laura day romanceを知るうえで井上さんのパーソナリティーは重要な気がするので、生い立ちの話も聞かせてもらえますか。どんなお子さんだったとか。

井上「えっと……正直に言うと、周りには嫌われてたと思うんです。そんな好かれるタイプではないというか」

鈴木「いきなりどうしたんだ(笑)」

井上「我が強いのと、やりたいことが多すぎたんですよ。小学校では合唱、中学でも吹奏楽部とかいろいろやっていたけど、友達に対しては〈ごめん、今日は1人で遊ぶから!〉みたいな。そんな感じだから、1人でいた思い出のほうが多い気がします」

――自分の世界を大切にしてそうですよね。読書もお好きらしいですし。

井上「小さい頃は青い鳥文庫とか、〈ハリー・ポッター〉みたいなファンタジー系、あとはホラー小説も好きで、江戸川乱歩シリーズとかをずっと読んでいました。そのあと中学生くらいの頃に、綿矢りささんの『蹴りたい背中』に衝撃を受けてから、女性作家の描く物語にズブズブ嵌り込んで。吉本ばななさんとか江國香織さん、山田詠美さんとかが大好きです」

――そんな文学少女が、鈴木さんや川島さんと一緒に音楽をやることにした理由は?

井上「(周囲の人間のなかで)群を抜いて音楽を好きだし詳しいし、2人とやったら面白いだろうなと思って。あと誘われた時に、迅くん(鈴木)が作った“night flight”って曲を聴かせてくれて。それがめちゃくちゃ良かったから、〈やる!〉って即答しました」

2018年のEP『because the night』収録曲“night flight”
 

――逆に、鈴木さんはなぜ井上さんを誘うことにしたんですか?

鈴木「周りに女性ヴォーカルはたくさんいたんですよ。でも、かっちゃんはレベルが違いました。すごく特別な声をしてるなって。そこに可能性を感じたんです」

井上「そういえば私が誘われる前に、みんなでお酒呑みながらアコースティックで演奏する会をやったよね。その時、私は弾き語りで……何の曲やったんだっけ?」

川島「(椎名林檎の)“ありあまる富”じゃない?」

井上「そうだそうだ。あのとき、他の人は酔っ払っててあんまり聴いてなかったけど、迅くんはいちばん前でちゃんと聴いてくれてたんだよね。それがすごく嬉しかったし、いま思えばそこから誘われたのかな、みたいな(笑)」

――自分の歌には自信ありました?

井上「全然! 難しいことを考えず、好きなように歌っているだけです」

――その飾らない歌声が、それこそアメリカン・ポップスへの志向とも噛み合ってる気がします。

鈴木「そうですね。柔らかくて温かい」

川島「アクがないし、嫌いな人はいないと思う」

――その後、しばらくして磯本さんが加入するわけですよね。

磯本雄太(ドラムス)「そうですね、最初はサポートとして誘われて。ただ当時、僕はインディー寄りの音楽をそんなに聴いたことがなかったんですよ。当時好きだったのはミスター・ビッグですね。高校生のときは、楽器もスポーツみたいな競い方をしてました(笑)」

川島「僕のなかでは〈TOTOの人〉ってイメージです」

磯本「いちばん好きなドラマーを訊かれたら(TOTOの)ジェフ・ポーカロと答えるくらい(笑)。で、大学に入ってからはパンク、R&B、ソウルとかに手を出していきました」

――他の3人と趣味が全然違うじゃないですか!

磯本「そう、被ってないんですよね。最初は〈なんで誘われたんだろう?〉と思ったくらいで。でもとりあえず参加してみたら、インディー独自のドラム・フレーズの使い方とか、僕の知らない世界が楽しくなってきて。そこから正式加入することになりました」

作り手の〈やりたい〉を詰め込んだ大衆音楽

――4人の個性はバラバラみたいですけど、Laura day romanceというバンド名からは一つの世界観を感じさせますよね。〈名は体を表す〉じゃないけど、きっとインディー・ポップとか好きなんだろうなって、曲を聴かなくても伝わってくるというか。

井上「嬉しい。最初に迅くんが〈Laura〉を入れたいと言ったんだよね」

鈴木「そう、ガールズの曲名からとったんです」

ガールズの2009年作『The Album』収録曲“Laura” 
 

井上「それに合う単語を並べ始めて、私が〈romance〉を入れようと提案したんですけど、〈Laura romance〉だと微妙かもとなって。そこから案を出して、どれよりもしっくりきたのがこのバンド名でした」

――さっきのビーチ・ボーイズと同様に、ガールズも参照点として大きかった?

鈴木「そうですね。彼らもビーチ・ボーイズのようなカリフォルニア・ポップスの系譜に位置付けられると思うし、そういう意味では、自分のルーツになっている音楽ですね」

――さっきビーチ・ボーイズの魅力としてコーラスを挙げていましたが、Laura day romanceも3声のコーラス・ワークを魅力の一つとして挙げられると思います。そこにこだわるようになったのはどうして?

鈴木「僕が子供の頃から聴いてきたハーモニー・ポップ――ビーチ・ボーイズやビートルズ、シュガー・ベイブの楽曲はどれも丁寧に作られているんですよ。自分が惹かれるのはそういう丁寧な音楽で、コーラスはその一つの象徴だと思うんです。なくても成立するんだけど、しっかり声のレイヤーを重ねていく。そういう意識が大切なんだろうなって」

――実際のところ、このバンドのコーラスは大変ですか?

鈴木「難しいものが多いかもしれない。リハーサルでもいちばん時間がかかってます」

川島「みんな音楽理論とかわからないし、いろいろ試しながら感覚でやってるので。もしかしたら(理論的に)変なことをやってるかもしれないけど、とにかくやるしかない(笑)」

――あとはインディー志向と共に、〈日本語の歌〉へのこだわりも一貫していますよね。

鈴木「それは確実にあります。ただ、日本的になりすぎないよう、作曲するときにバランスは取ってるつもりです。メロディーからアレンジまで、洋楽と邦楽のいいところを共存させながら少し違和感があるものにしたくて」

――冒頭で触れた“lovers”のMVでは、たくさんのレコードに混ざって大瀧詠一さんの1作目も飾ってあリました。

鈴木「僕の中で大瀧詠一さんは、大衆性と音楽オタクな部分が合致して、なおかつセールス面でも成功している数少ないアーティストの1人で。僕も自分のエゴとかやりたいことを詰め込んだうえで、大衆にヒットするようなものを生み出したい。そういう思いは、バンドを作った当初からずっとありますね。だからこそ日本語を選んだというのもあるし」

シャムキャッツやHomecomingsの系譜に連なる

――その思想は、今回の『farewell your town』にも反映されていますよね。最初のアルバムだからと妥協せず、すごい作品にしようという意気込みを感じる。

川島「確かに、初期衝動みたいなものではない」

井上「作り込んでるみたいな」

――青春を感じさせるサウンドなのに青臭くない。もう一歩踏み込んでいるというか。

鈴木「さっきコーラスのくだりで話したように、〈ガツンと衝動〉みたいな音楽は自分のタイプじゃないんですよね。それは最初のEPでやったので、今回はもっと積み上げるというか、いかに構築していくかを追求した感じではあるのかなと」

――資料に〈私小説的なコンセプトアルバム〉と書いてあるように、少し前に出していたシングル『sad number/ランドリー』の2曲は未収録なんですよね。

川島「だいぶ強気ですよね(笑)」

鈴木「めちゃめちゃ言われましたよ、なんで入ってないんだって」

2019年のシングル“sad number” 
 

――そこはアルバム一枚を通しての世界観を優先させた?

鈴木「そうですね。シングルを出す段階でアルバムの収録曲はすべて揃っていて、そこにあの2曲は入らないと思ったから、先にシングル・カットしたというのもあります」

――強い決心があったわけですね。デビュー作でいきなりコンセプト・アルバムというのも珍しいけど。

井上「そこは出す直前まで悩みましたね。本当にいいのかなって(笑)。でも結局、みんなで話し合っていくなかで、〈後々まで聴かれ続けるのはこっちだと思う〉という迅くんの意見に納得したんです。

確かに普通だったら、これまで発表してきた曲からも選りすぐって、私たちの総決算みたいなものをファースト・アルバムにするものだし、その方が(リリース時点では)印象に残りやすいのかもしれない。でも、長く聴かれる作品をめざすならコンセプト・アルバムだろうと。そういう結論になりました」

――その甲斐あって、いろんな面で統一感のある作品になりましたよね。まず音楽的には、エレキ・ギターを掻き鳴らす場面は少なくて、フォーキーで温かい音像が作品全体のカラーを担っているように思いました。

鈴木「最初の頃から、弾き語りベースのフォーク・ロックを軸にしたものを作ろうとは思っていたんです。自分がアコギで作曲するタイプなのもあって、そこをもっとオーガニックにやりたかったというか。ナチュラルな音でアルバムを作りたいというのはありました」

――そういう発想や実際のサウンドには、勢い任せだったバンドが成熟していく過程を感じるんですよね。ペイヴメントでいえば4作目の『Brighten The Corners』(97年)、シャムキャッツだったら3作目の『AFTER HOURS』(2014年)みたいな。そういう作品がデビュー・アルバムとしていきなり届いたような感じ。

鈴木「なるほど、確かにそうかもしれない。いま挙がった2枚はどちらも大好きなアルバムですね。歌が大切にされているのもそうだし、ペイヴメントもシャムキャッツも、ワーッとやってきたうえでの次の一手という感じがすごくしますよね。いままでがなってた人が丁寧に歌ったら、なんだか優しく聴こえるみたいな。そういうのに弱くて」

井上「ジャイアン理論だ(笑)。私も『AFTER HOURS』は制作中にずっと聴いていたから、影響が少なからず出ていそうな気がしますね。曲単位としてもしっかり成り立っているし、それらがアルバムとしても連続して繋がっているところが参考になったんだろうな」

――そう考えると、日本ではシャムキャッツやHomecomingsのようなバンドが受け継いできたインディーの系譜に、Laura day romanceも加わろうとしているのかなって。

井上「それはめちゃくちゃ嬉しい!」

鈴木「どちらも大好きなバンドですね。すごく影響を受けてます」

川島「偉大な先輩たちというか」

リズム面での冒険に挑んだ、現代的なフォーク

――話を戻すと、オーガニックな音作りを実践するために、演奏面ではどういった変化があったのでしょう?

鈴木「最初にアルバムを制作するにあたって、ほぼ全曲でアコギを鳴らすし、鍵盤とかも入ってくるというのはみんなに伝えました」

川島「僕はこれまで、バッキングでエレキをガチャガチャ弾いていたんですけど、それを全部アコギにしたのがいちばん大きい変化かな」

――それによって、井上さんの歌にも変化はありました?

井上「かなりありましたね。これまでは2本のエレキに対抗しようとしていたけど、今回はもっと優しく歌うようになりました」

――ただ、フォーキーな曲調がずっと続くとなったら、平坦でのっぺりした感じになりかねないじゃないですか。ところがそうはなってない。そういう意味で、普通のロックっぽくないリズムをたくさん叩いてますよね。

磯本「そうなんです。実はドラムだけ抜き出して聴くと、イビツでわけのわからないことをやってるんですよ。曲を作っていくなかで迅から〈ここで一発減らす〉みたいな指定もあったし、人力DTMみたいな作業もしていて。あとは迅のデモは重ね録りしてあるから、手が3本ないと叩けないようなフレーズを無言で送ってくるんです。〈これ、どうしたらいいんだ?〉って」

一同「(笑)」

磯本「でも演奏全体をまとめていくと、ドラムが隙間に上手く入り込んでいくんですよね。楽曲として綺麗に成立している。凸凹が上手く組み合わさることで相乗効果が生まれるというか、聴いたことのないようなフレーズが少しずつ出来上がっていくんですよ。それがすごく楽しかった」

鈴木「これまでの作品では、(曲を作る時に)ドラムやバッキングのギターが下地になっていたんですけど、今回のアレンジではそういう下地を全部消して、アコギの弾き語りで先に出来上がった曲に、他の要素をパズルのピースみたいに嵌めていく作業がやりたかったんです。その過程で、ああいう変なリズムが生まれたんだと思います」

――最近だと、ビッグ・シーフの『U.F.O.F.』(2019年)もフォーキーなんだけどリズム感覚が独特で、聞くたびに発見があるというか。あの作品もうっすら連想しました

川島「すごい。実は、バンド内で一時期ブームだったんですよ」

 

次は若さを取り戻します

――あとは、〈架空の街〉というコンセプトはどこから出てきたのでしょう?

鈴木「僕が歌詞を書くときに〈街〉って入りがちで(笑)」

川島「今回も削ってアレでしょ(笑)」

鈴木「自分が好きな作品に、街を舞台にしたものが多くて。チャップリンの『街の灯』や、ソーントン・ワイルダーという劇作家の『わが町』という戯曲みたいに、一つの街で起こる出来事を個人の視点から描いて、それを結ぶことで一つの街の像を作るというのをやってみたかったんです」

――〈グローヴァーズコーナーズとブリリアントコーナーズ/この名は 忘れないな〉(“PM4”)というのも、「わが町」からの引用ですよね。前者は同作の舞台となる架空の街で。

鈴木「まさしく。後者は(セロニアス・モンクによる)ジャズの定番作で」

――こんなふうに、『farewell your town』にはいろんな引用が散りばめられていそうですよね。せっかくなので、少し種明かししてみてもらえますか。

鈴木「パッと思い浮かぶのだと、“radio”のイントロはR.E.M.の“Tongue”で、“worrying things”のサビ後のギターはビートルズの“I'm Looking Through You”、曲のアウトロは“Mother Nature's Son”が下敷きになってますね。ビートルズは今回多いかもしれない」

『farewell your town』収録曲“radio”

『farewell your town』収録曲“worrying things”
 

――それこそビートルズ愛も、“lovers”のMVでアピールしてましたよね。やはりバンドへの影響は大きい?

鈴木「というよりは、今回のアルバムの参照点として中村一義さんの『金字塔』(97年)が大きかったんですよね。あのアルバムはめちゃくちゃビートルズじゃないですか。中村一義さんを経由してビートルズっぽいものに近づいたんだと思います」

――井上さんも歌詞について、影響を受けた作品とかありますか。

井上「“rendez-vous”の歌詞は、『ドリーマーズ』というフランス映画を観ながら作ったんですけど、R-18の作品で……」

『farewell your town』収録曲“rendez-vous”
 

鈴木「そうなんだ(笑)」

井上「すごく感銘を受けたんですよね。それで、最初は歌詞にも〈街が部屋に流れ込んでくる〉という劇中のセリフを入れようかと思ったんですけど、それだと直接的すぎるので、映画の要素を入れつつ少し違う感じにしてみました」

――コンセプト・アルバムという観点で言うと、10曲目の穏やかな“good night”でありきたりに締めるのではなく、最後に疾走感のある“rendez-vous”でもう一山盛り上げる構成も素敵だなと。

鈴木「そうですよね。最後に“rendez-vous”が入ることで華やかになったと思いますし、アルバムとして聴く意味を自分たちなりに提示できたような気がします」

――妥協なく作り込んだファースト・アルバムを経て、この先どんなことをやっていきたいですか。

鈴木「今回は頭で作った感じがするので、揺り戻しじゃないけど、もっと生っぽくてガツンとしたものを作りたいかな」

井上「若さを取り戻す(笑)。でも私も、いまは完全にそういうのがやりたい」

川島「もうちょい肩の力を抜いてもいいのかもね」

鈴木「実際どうなるかはまだわからないし、またびっくりされるかもしれないけど、それはそれでアリかなって。そんなふうに自分が好きな音楽を経由しながら、ずっと続けていけたらいいなと思います」