PR
コラム

渋谷すばる『NEED』歌という表現が持つ力強さ、奥深さをダイレクトに感じられるアルバム

渋谷すばる『NEED』歌という表現が持つ力強さ、奥深さをダイレクトに感じられるアルバム

渋谷すばるのセカンド・アルバム『NEED』のリリースを記念して、タワーレコードではフリーマガジン〈別冊TOWER PLUS+〉を発行! ここではその中面に掲載されたコラムを掲載いたします。別冊TOWER PLUS+は、タワーレコード全店にて11月11日(水)より配布中です!
※タワーレコードオンラインは除きます。※別冊TOWER PLUS+は無くなり次第終了となります。※天候や交通事情により配布が遅れる場合がございます。

渋谷すばる 『NEED』 WARNER MUSIC JAPAN(2020)

渋谷すばるからセカンド・フル・アルバム『NEED』が届けられた。前作『二歳』(2019年10月)以来、約1年ぶりとなる本作。そこには『NEED』というタイトル通り、〈自分にはどうしても歌が必要だ〉という強い思いが克明に刻み込まれている。

まずはこれまでのキャリアを簡単に振り返っておきたい。関ジャニ∞での活動を終え、国内外を旅行するなど、束の間の休息を取った渋谷は、2019年2月にオフィシャルHP「渋谷すばるです。」を立ち上げ、同年10月にリリースされたファースト・アルバム『二歳』によって、アーティストとしてのスタイル、音楽的な方向性をはっきりと示してみせた。軸になっているのはオーセンティックなロックンロールとブルース。自らの感情、人生観を直接的に反映した歌詞、驚くほどに率直なヴォーカリゼーションを含め、その音楽性はコアなファン以外のリスナーにも強いインパクトを与えた。

さらに2020年1月からは千葉・幕張メッセ公演を含む初の全国ツアーを開催。持ち前のスター性、削ぎ落したバンド・サウンド、どこまでも真っ直ぐな歌声によって、全国のオーディエンスをガッチリと惹きつけてみせた。

極めて順調なスタートを切った渋谷だが、世界中のすべてのアーティストと同じく、新型コロナウィルスの感染拡大により活動は停滞。アジア・ツアーとファイナル大阪公演が中止になり、STAY HOMEを余儀なくされた。しかし渋谷は、世界が一変してしまった時期にも曲を書き続けていたはず。そう、ニューアルバム『NEED』は、〈この時期だからこそ生まれた楽曲〉がたっぷりと込められているのだ。

本作について渋谷は、「こんな今だからこそ、ただただ目の前にある当たり前の日常を大切にしていきたい。色々と状況が変わっていく中で、今の自分の日常から生まれた楽曲を集めたアルバム。聞いてくれた人の日常にも寄り添えたら嬉しいです」とコメント。この言葉からも、本作には〈2020年の渋谷すばる〉が色濃く反映されていることがわかってもらえるはずだ。

レコーディング・メンバーは前作と同じく、塚本史朗(ギター/月に吠える。)、山本健太(キーボード)、なかむらしょーこ(ベース)、Shiho(ドラムス)。凄腕のミュージシャンでもあり、気の置けない仲間であるバンド・メンバーとともに奏でられる生々しいサウンドもまた、このアルバムの大きな魅力だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS