小西真奈美『Cure』亀田誠治を交えた椎名林檎“ギブス”のカヴァーも 豪華ゲストと丁寧に紡いだ〈癒し〉の音

2020.12.22

KREVAが全編を手掛けた前作に対し、亀田誠治、後藤正文、堀込高樹、Kan Sanoという4名がオリジナルとカヴァーの2曲ずつをプロデュースした新作。亀田が深遠な音像を施した椎名林檎“ギブス”というトピックもあるが、堀込による幻想的な“アンリーシュ”、Sanoらしい繊細な意匠の“Don't be afraid”など主役自身の詞曲と囁くような歌い口に寄り添ったオリジナル曲の清らかさが心地良い。ジャネット・ジャクソン“Again”も聴きもの。

TOWER DOORS