PR
コラム

ホワイ・ドント・ウィー(Why Don't We)『The Good Times And The Bad Ones』セルフ・プロデュース作が物語る5人のアーティスト性とは?

より逞しく、より大人になった5人が帰還——セルフ・プロデュースで自作曲を披露する2枚目のアルバムは彼らの真のアーティスト性を雄弁に物語る!

充電の理由

 その変化は写真やMVを眺めるだけでも明らかだろう。まだキュートさも残るルックスで人気を集めてきたホワイ・ドント・ウィー(WDW)が、見るからに逞しくなって帰ってきた。筋肉質になったボディーも野性味のあるヘアスタイルも、かつてなく大人びたクールさをアピールするかのようだ。が、そんなイメチェン以上に大きな変化は、音楽への取り組み自体にあった。

 ダニエル・シーヴィ、ザック・ヘロン、コービン・ベッソン、ジョナ・マレー、ジャック・エイブリーの5人によるWDWは、2016年にLAで結成されて以来、ルックスの良さもありつつ、その歌声や高水準な楽曲においても評価されてきたグループである。17年の“Something Different”がヒットして飛躍の足がかりを掴むと、〈娘に聴かせたい〉との理由でエド・シーランが書き下ろした18年の“Trust Fund Baby”もそれに続く。そしてモンスターズ&ザ・ストレンジャーズやジョナス・ジェバーグら多数のヒットメイカーを迎えた同年のファースト・アルバム『8 Letters』は全米9位を獲得するスマッシュ・ヒットとなり、その人気は日本へも飛び火することとなった。

 19年はその成長を進化へ繋げる年だったと言えるだろう。ダニエル&コービンがライティングに関わった“Big Plans”を皮切りに、WDWはほぼ月刊ペースで新曲を投下しはじめるのだ。なかにはマックルモアとのコラボ“I Don't Belong In This Club”や再度エド・シーランが提供した“What Am I”もあったが、多くの曲ではメンバーがソングライトを主導。その間には来日公演も成功を収め、ジャックが恋人との間に娘を授かるという私生活での慶事もあった。同年の12月31日には“Chills”を公開。意味深な曲名が示唆していたように、2020年1月に彼らはすべてのSNS更新を停止し、表舞台から姿を消したのだった。

 それから……世間がコロナ禍に見舞われるなか、9か月ぶりに更新されたSNSでスタジオでの作業風景が公開され、彼らはカムバックを宣言。4年以上も休みなく活動してきた5人は休息の時間を設け、同時に変化への準備を進めていたというわけだ。そこで届いた新曲“Fallin'(Adrenaline)”はダニエルとジョナ、コービンが共作したナンバーで、プロデューサーにはダニエルと大物エンジニアのジェイセン・ジョシュアがクレジット。MVではダニエルがドラムス、コービンとジャックとザックがギター、ジョナがピアノを演奏していた。

TOWER DOORS